KC-14導入記 (9) 第1号作品完成


暫く間があきましたが、第1号作品をチャックで持ちかえて底の仕上げ。中心のポッチを取るのに一苦労しました。内側に木固めエースを塗って、やや大きめのぐい飲みにする予定。

大きな作品の底を今回のような形で仕上げるためには、NovaでいうCole Jawを作らなくてはならないかもしれません。

第一号完成

| すうさん | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (8) 第1号作品制作中


第1号にしては難しすぎる課題とは思いましたが、コーヒーテーブルの脚を短くした時の余材でホローウィング。木固めエースで仕上げて、直径65mm、高さ65mmのぐい飲みにしようかと。

ただ、内側でボウルガウジが何回もキャッチをくらって、特に底の部分が凸凹。底はスクレーパなんでしょうかね。そんな訳で当面パーティングツールの出番はありません。

初ターニング

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (7) ターニング環境作り


KC-14を一旦は作業台に取り付けたのですが、ボウルターニングの時に姿勢が窮屈になるので(狭いところで作業している訳です)、集成材にボルト締めして移動可能としました。

KC-14の前には、川口さんを真似て、いろいろな小道具を並べてみました。そろそろターニングの世界に入らねば。

環境

| すうさん | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (6) シャープニング環境作り


先日川口工房で体験した高さ120cmでのシャープニングがとても快適だったので、工具用テーブルの脚を長いものに代えてグラインダーとジグをセットしました。

このグラインダー、米国で買った6インチ115V用で、当地では電圧が低いせいか始動がスムースではありません。いずれはバリアブルスピードの8インチに替えたいですね。米国だと安く売っているのですが。

テーブル

| すうさん | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (5) 講習


いよいよKC-14を使い始めるにあたり、川口工房でウッドターニングのABC、特にターニングツールの基本的な使い方とシャープニングについて教えていただきました。

ターニングツールの中でもボウルガウジは、ベベル角度を出荷時の40度から55度に改造すると使いやすくなるとのご説明で、早速持参したマイツールを改造。写真でツールを挟み込んでいるのはシャープニングツールに付属するガウジ用ジグで、Wish List に早速追加となりました。

ボウルガウジ

| すうさん | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (4) ツールレスト


旋盤使用時にターニングツールを支えるツールレスト、川口さんのブログを参考に塗料を削りとりました。

わが作業小屋は写真のように地面の上にレンガを敷いただけなので湿気が多く、工具類がすぐに錆てしまうので、暖かくなったらこまめに錆止めしなくては。

ツールレスト

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (3) チャック組立て


おまけで付いてきたチャックの組立て。オフのサイトに親切な説明があり、それを参考に、手を油でベトベトにしながら、ファイバーワッシャーの上からグラブスクリューでインサートを固定、続いてジョーを取り付けました。

オフの定価ではチャックが19,950円、インサートが2,625円の合計22,575円。これがおまけとは、オフは太っ腹なのか商売が上手いのか。その後、しっかりとターニングツールを調達したことを考えると、商売上手なんですな。

チャック

| すうさん | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (2) 据付け


KC-14を居間に置いておくわけにもいかず、作業小屋に二人がかりで移動、作業台に穴を開け、3/8インチボルトで固定。作業台が800mm、KC-14のスピンドル中心までが360mmなので、高さは1,160mm。身長が175cmなので、まぁこんなもんでしょうか。

1月16日、川口さんにご指導いただく予定ですので、試運転はそれからにします。

据付け

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KC-14導入記 (1) 到着


あたらしいカテゴリー「Woodturning」が生まれました。

待ちに待った小型木工旋盤KC-14は12月22日に到着したのですが、グループ展で時間がとれず、やっと開梱。

こんな感じで大きな段ボール箱に入って届けられました。重さは39kg。運ぶ際に腰に気をつけないと寝たきりになりそうです。

到着

| すうさん | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode