H家の台所収納Phase3 (20) 納品


猛暑の中、寺家木工舎のTさんに手伝っていただき無事に納品できました。Phase1を含め1年半近くの大プロジェクト。今後これほどの大作は出てこないだろうと思います。気力も出そうにないし。

納品

| すうさん | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (19) 完成


扉にガラスを入れ、木工旋盤で作ったウォールナットのつまみを付けてようやく完成。

この収納はPhase1で作った台の上に乗せ、台の下にはPhase2のキャスター付き収納4個が納まります。納品が楽しみ、楽しみ。

完成

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (18) 扉と格闘中


オイル塗りが終わったので、生まれて初めての扉取り付けを始めましたが、これが予想外の難産。

先ずは蝶番を取り付ける時に下穴を開けなかったのでネジの頭がちぎれ、扉を仮止めして本体側の蝶番用穴の位置を決めようとしたらオイルで両面テープが機能しないし、扉に作った蝶番用の溝が深すぎて扉が閉まらないし、左右の扉の上下位置が若干ずれているし、一日かかって大汗をかいてようやく写真の状態までたどり着きました。

続いては扉位置の微調整、扉に硝子板をはめ、硝子板を細い桟で扉にとめたら完成。扉のつまみが必要かもしれません。

ウォールナットが無くなったのでヒッコリーの扉にしましたが、この窮余の策、案外面白いかも。来週には納品できそうです。るんるん!

扉取付け

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (17) オイル塗り


本組みしたので恒例のクルミオイル塗りですが、作品が大きいので一瓶では足りず、棚板1枚と扉のオイル塗りは後日に。

作業台の上で塗ったので、暑さの中で手を上げての作業となり、手ぬぐい2本、自販機の飲み物2本、インスタントコーヒー少なくとも5杯で乗り切りました。

オイル塗り

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (16) 棚板完成


組みあがった本体の寸法を測り直して棚板の幅を調整し、後側に反り止めを付けて完成です。

棚板完成

| すうさん | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (15) 本組み


最後に別の作業台に移動するのはメンバーに助けてもらったものの、設計どおり一人で本組み完成。2mのクランプが活躍しました。

2010年末からここまでたどり着くのに時間がかかりました。窓の二重化もあったし、東日本大地震もあったし、まぁやれやれです。トルコ旅行前に納品できるかな。

本組み

| すうさん | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (14) 蝶番取付け練習中


初めて蝶番を使うので端材を使ってテストしました。

注意すべき点としては、蝶番を扉に取り付ける際に使う木ネジを穴の真ん中にねじ込むこと。そうしないと木ネジに押されて蝶番が曲がって付けられてしまい、結果として扉の建てつけが悪くなります。このテスト、収穫大でした。

ところで、この記事は2008年9月25日に始めたブログの1000本目を記念すべきもの。写真1枚と数行の文章を毎日アップするという「縛り」で始めたブログですが、時の経つのは早いものです。

蝶番

| すうさん | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (13) 扉制作中


扉は4枚。今年冬に作った二重窓と同様、小型ビスケットを使う手抜きバージョンです。ウォールナットが無くなったので、材はヒッコリーとしました。収納部分の底板はクルミが混ざっているし、なかなか面白い色の組み合わせとなりそうで、楽しみです。

扉作りは初めてなので、蝶番を付けることと板ガラスの扱いが今後の検討課題です。

扉

| すうさん | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (12) 棚板制作中


2枚を接ぎ合せた棚板、目違いを直したところ予定より1mm薄くなってしまいました。

写真は端嵌(はしばめ)を付けるところ。続いて左右750mmのたわみを防止する板を奥に付けて完成です。

棚板

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (11) 板作り


天板などを作り始めたら材が足りないことが判明。仕方がないので食器収納部分の底板はウォールナットとクルミを交互に使うことにしました。ウォールナットもクルミ科なので親戚のようなものでしょう。

底板が16枚、写真奥の天板15枚と側板(羽目板)29枚で合計60枚。それぞれ相決り(あいじゃくり)するので、間違えないように注意深く加工します。

板作り

| すうさん | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (10) 溝切り


続いては天板、底板、背板、側板をはめ込むための溝切り作業。1本の框に最大で3本の溝を、
必要な深さに達するまで何回かに分けてトリマーで作るので、注意深い作業が必要です。

案の定、以前も書いた木工の教訓「measure twice, cut once」を守らなかったために、反対側に溝を切ってしまうという失敗をしでかしました。まぁ、食器棚の内側なので、誰も気がつかないでしょう。

溝切り

| すうさん | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (9) 框組み完成


デザイン・フェスタの準備で忙しく3月末から中断していたH家の収納作りを再開。どこまで作業してたのかを思い出すのに時間がかかりましたが、写真のように框組みの仮組まで進みました。

Phase1で作った台に乗せますが、幅160cm、高さ98cm、奥行き38cmと相当に大きく、これに扉、天板や棚板が加わると一人では動かせなくなりそう。7月末のトルコ旅行まで後2か月。納品できるよう頑張ります。

框組み

| すうさん | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (8) ホゾ穴


東日本巨大地震で中断していた作業をやっと再開。ホゾに続いては収納の骨格となる縦框にホゾ穴の加工。縦框6本に18か所の加工で1日かかりました。次は横框用のホゾ穴となります。

寺家木工舎では同時に5名まで作業台を使えるので、行けば必ずメンバーとのおしゃべりと昼食を楽しめます。今の時期はストーブでお湯が沸いているのでコーヒーも飲み放題。まぁ、世の中を見渡してみて、最高の老後の過ごし方の一つでしょうね。かみさんも「亭主元気で留守がいい」と思っているでしょうし。

ホゾ穴

| すうさん | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (7) ホゾ仕上げ


2010年12月24日に荒加工したホゾを、先日研いだ21mmと15mmの鑿で仕上げました。良く切れること。続いてホゾ穴の加工に移ります。

ホゾ仕上げ

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (6) 加工再開 その2


娘夫婦のための台所収納の加工再開をお伝えしましたが、そこに書いた「道具を砥ぐためのジグ(jig)を作る」が分かりにくいかなと思って補足説明します。

市販の刃物研ぎジグは鉋や鑿の刃を両側から挟んで保持するような構造のため写真のように柄をつかむことができないので、ジグにネジ穴をあけ、板で柄を押さえるようにしました。

手許にあったボルトが長いので仕上がりは格好悪いですが、このような細工によって刃が簡単に砥げるようになることがただただ嬉しい訳で、人間が安上がりにできているんでしょうね。

ジグ

| すうさん | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (5) 加工再開


2010年12月下旬以来久しぶりの加工再開です。先ずは道具の準備ということで半日かけて鑿を7本砥ぎました。

写真は刃幅32mmの鑿で、刃に写っているのはカメラの黒いボディーに光るSONYの文字。歪みもなく、惚れ惚れとする仕上がりですね。

この気持ちを理解していただくのは難しいでしょうが、小生の場合、作品を作ることよりも、そのための道具を揃えること、道具を揃えるよりも道具を砥ぐためのジグ(jig)を作ることに興味があり、そんな訳でなかなか作品に至りません。

鑿

| すうさん | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (4) ホゾ加工


材の準備ができたらホゾ作りですが、ここでもバンドソーが活躍します。写真の9本は20分もあれば完成で、続いては鑿で寸法どおりに仕上げます。

木工の本によれば、ルーターを使ったり、テーブルソーを使ったり、ホゾの作り方はいろいろありそうで、いずれは違う方法を試してみたいですね。

ホゾ加工

| すうさん | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (3) 薄板作り


裏板や天板など、厚さ6mm、12mmの2種類で薄板を作り始めました。

厚い板を写真のバンドソーなる鋸で薄く切って作るのですが、計算すると幅合計5m以上の薄板が必要で、1枚あたり幅10cmとすると50枚以上作ることになります。とほほ。

バンドソー

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (2) 材木到着


静岡からウォールナットが到着し加工開始しました。中央の黒っぽい材が長さ160cmの横框5本、右奥が長さ96cmの縦框6本で、少し乾燥させてから、いずれも厚さ3cmとする予定。

この他にも、天板、底板、裏板、扉の框材などを作ることになりますが、全てを手で加工していたら、部材の切り出しと分出しだけで何週間もかかるでしょうね。

加工開始

| すうさん | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H家の台所収納Phase3 (1) こんな感じです


続いて、Phase 2で作った台の上の食器収納を作ります。大きさは幅160cm、高さ95cm、奥行き35cmで、これまたウォールナットの予定。

初めての框(かまち)組みとし、食器収納部分には硝子扉を付けます。挑戦すべきことが多いので、できあがりは来春でしょうか。

設計図

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode