Inflation (1) マークが完成

昨年のBigBang(準備その1)に続いて2015年はInflation(準備その2)としてお送りします。先ずは弟に頼んでいた「木遊び」のマークが年末に完成したことのお知らせ。昨年ご披露した形から若干変化していますが、左側はバクマ工業のワンタッチ・パワークランプを見てもらって生まれ出てきたマークで、渋目の赤を配したこのマーク、黒が真黒ではなく赤が真赤ではない微妙な色調を如何に看板上に表現するかが楽しみです。


木遊びマーク

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (28) 年内はここまで

「木遊び」での今年最後の木工は材木の保管棚作り。幅165cm奥行45cmの棚を2個作って、倒れないように木ネジで棚を壁に固定して完了。11月中旬から続いた作業も2014年はここいらあたりまでとして、そろそろわが家の大掃除などを始めることとしました。M材木店からいただいた材木は大分利用したのですが、まだまだ残っていて、残りの什器制作に活用させていただきます。

さて、ここまでの準備作業を宇宙誕生に見立てて「Big Bang(ビッグバン、誕生)」としてお知らせしてきましたが、2015年からは「Inflation(膨張、飛躍)」として新年早々ご報告を再開します。

材木棚

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (27) またまた助っ人現る

今度は寺家木工舎のMさんとTさんが、重たい電動工具を置く台を3台(写真)や効率よく集塵するための仕掛けなどを作ってくださいました。ありがとうございました。

この時点で作業項目を洗い出してみたら何と30以上もあって、大物としては、2階の作業台の残り、1階では作業台2台、軽量電動工具台2台、材木置き場、収納用の棚、集塵システム、屋外では看板製作、ポスト取付、換気扇カバーの塗装あたり。年末までにどこまでできるか。まぁ焦らずに、めったに経験できない作業を楽しみます。

電動工具台

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (26) 「ならう」について

つくる」楽しみに続いては「ならう」楽しみについて。短期講座で「木工旋盤」を体験したり、中期講座で「家具作り」を習ったりして、木工に関するみなさんの課題を解決することができます。中身としては以下のようなことを考えていますので、これまた乞うご期待。

1.短期講座:詳細は未定ですが「木工旋盤体験(週末2日間)」、「拭き漆体験(週末2日間)」といった講座を考えています。また「ペンダント作り(半日)」、「竹トンボ作り(半日)」など子供向けの講座も開講予定です。こんなことを習いたいといった声をお寄せいただければ、講座として用意できるかもしれません。

2.中期講座:先ずは「指物講座(家具作りの基礎を習う)」と「木彫講座(木彫の基礎を習う)」を準備する予定です。毎週決った曜日に半日あるいは全日、月に4回程度、年間で46回前後(休館日などのため全週開催ではありません)受講していただきます。

3.どんなところで受講するのか:受講者お1人が作業台1台を使って、講師の説明を聞いたり、手道具を仕込んだり、課題制作(写真はその一例の下端定規と定規入れ)をしたり。木工に疲れたらお茶でも飲みながらおしゃべりができる食卓も用意してあります。

4.費用は:短期講座は2日間でいくら、中期講座は週1回、半日講座で月いくら、全日講座で月いくらといった費用体系とする予定で、詳細は近々公開予定のHPをご参照ください。

5.「ならう」ことが無くなったと感じたら:「つくる」ことを始めてください。「つくる」では予約した作業台と自由に使える電動工具を使って作りたいものを作ることができます。「ならう」から「つくる」へはいつでも変更可能で、この詳細についてもHPをご覧ください。

下端定規

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (25) 「つくる」について

「木遊び」での楽しみ方の最初は木を使って作りたいものを「つくる」こと。中身としては以下のようなことを考えていますので、乞うご期待。

1.作業台を使える:広さ60cmx140cm、高さ85cmの作業台が利用者一人ひとりの作業場。インターネット経由「作業台予約システム」で作業台を予約すれば、その日は作業台を占有できます。鉋、鋸、鑿などで材木を加工したり組み立てたり、作業台をお好きなようにお使いください。

2.電動工具を使える:小型から大型まで電動工具を用意してあります。電動工具を使うには、電動工具毎に開催される講習会に参加することが前提で、講習会の日程はインターネットでご覧いただけるようになります。なお、木屑が舞うのを防ぐため2階では電動工具は使用禁止。電動工具を使う場合には1階でお願いします。

3.道具類や仕掛品を置いておける:手道具などは「工具箱」にしまっておけるので毎回自宅に持ち帰らずにすみます。また、仕掛品用の棚が用意してありますので、お使いください。

4.費用は:作業台の使用日数、例えば月に4日間まで、8日間までといった「使用回数に応じた費用」とする予定ですが、詳細検討中なので暫くお待ちください。なお、電動工具の使用料や電動工具講習会の参加費用は無料とする予定です。

5.分からないことが出てきたら:作りたいものがあるのだけれど手道具を上手く使えないなど悩みをお持ちの場合は、その悩みの解決策を講座で「ならう」ことができます。講座としては短期講座と中期講座を設け、いろいろな課題を取り上げる予定です。

バンド・ソー

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (24) 名前は「木遊び」

「木の遊び場」の名前を「木遊び」と決め、弟に頼んでいたマークの方向性も決まりつつあります。クランプをモチーフとしたマークで、形も色合いも素晴らしいので嬉しくなりました。続いて「木遊び」「kiasobi」「the craftsmen's playground」などの文字を入れたレター・ヘッドもできあがる予定で、そろそろHPに掲載するコンテンツを考えなくては。
マーク案
(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (23) 楽しみ方


「木の遊び場」の2階では仕掛品を置く周囲の棚と作業台が写真のように完成間近となりましたので、改めて簡単な自己紹介を。詳細については今暫くお待ちください。

「木の遊び場」の楽しみ方は二つ。一つ目は木で何かを「つくる」こと。音がうるさくて自宅では電動工具を使いにくい、木屑で部屋が汚れるといった悩みを抱えている方は多いと思いますが、「木の遊び場」では音を気にせずに電動工具を使ったり、作業台を1日単位で占有して作りたいものをじっくりと「つくる」ことができます。

二つ目は「ならう」こと。木を使って何かを作りたいのだけれど作り方が分からないという方には、道具の準備の仕方、材木の加工の仕方などをお教えする短期、中期の講座を用意します。そして「ならう」ことが終わったら「つくる」ことを始められるのも「木の遊び場」の特徴です。

2階の様子

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (22) 助っ人現る

午後の作業を始めようとしたところに寺家木工舎のKさんが飲み物とお菓子を持って木工作業を助けにきてくださり、木屑まみれとなって2時間少々、道具箱をしまっておく棚が完成しました。幅180cm、高さ87cm、奥行73cmほどで、道具箱12個を格納できます。この作業、一人でやっていたら丸1日かかっていたかもしれません。Kさん、ありがとうございました。

数日前にHCコーナンでプラスチックの箱を「取り敢えず」48個買ったので、棚1個に箱12個ということは、棚を後3個作ることとなります。2008年の寺家木工舎立ち上げを思い出しながら作業をしていましたが、人生に2度もこのような作業ができることは幸せなことなんでしょうね。「亭主元気で留守がいい」といった存在でもありますし。

棚完成

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (21) 電気工事完了

寺家木工舎のWさんにお願いした電気工事が完了しました。ありがとうございました。

工事の内容としては、100Vでは1階2階を同一契約とするよう両階を結ぶケーブルの敷設、蛍光灯器具の天井直付け、壁コンセントの追加、また200Vではブレーカーやコンセントを配電盤1か所に集約、木工機械の電源ケーブル交換といったところ。

さて、ご覧の200V用配電盤から伸びている電源ケーブルは8本で、自動鉋、手押鉋、超仕上鉋、角鑿盤、昇降盤2台、集塵機、コンプレッサーにつながっていて、それらを活用して棚や台作りのスピード・アップが期待されます。

電気工事完了

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (20) ここにいます

「木の遊び場」の住所は横浜市港北区新吉田東 3-31-18で、横浜市営地下鉄グリーン・ライン高田駅から徒歩10分程です。

車の場合、最寄りのインター・チェンジ「第三京浜都筑インター」からお越しください。なお、駐車場がないために近くの有料駐車場をご利用いただきますこと、ご承知置きください。

地図

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (19) 管理人紹介

今年一番の寒波来襲の翌朝、第三京浜都筑インターから「木の遊び場」へ抜ける裏道の畑は霜で真っ白でした。わが家から灯油ストーブとポリタンを持ち込んだのですがマッチを忘れ、朝一番は寒さに震えたものの、棚作りを始めると汗をかくくらいでワイシャツ1枚で十分。

さて、「木の遊び場」の管理人はとりあえずTさんと小生の2人。デフレの世の中を少しでも明るいものにしようと、Tさんのニックネームを幸兵衛(こうべい)、小生は甚兵衛(じんべい)としました。いずれも落語からとったもので、小言を言うのが生甲斐の幸兵衛は「小言幸兵衛」から、ちょっと粗忽な甚兵衛は「火焔太鼓」から。

自分のニックネームは難しいもので、最初「与太郎」を考え、それではあんまりと「若旦那」かなと迷いましたが、ちょっと格好良過ぎるので「甚兵衛」に落ち着いた次第。結果として、それぞれの性格や言動を的確に表していると思われます。こんな管理人が運営する「木の遊び場」、どんな展開となりますかね。


霜の

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (18) 駐車場

閑話休題。「木の遊び場」には管理人用の分しか駐車スペースがないので、車を利用の場合は至近距離にある「オーケー新吉田店」の有料駐車場を使うことになります。1,000円以上で1時間無料ですが、1日とめても400円ということは、駐車場を借りるよりも安くあがりそう。12月中旬には近くに「シマホ」も開店予定で、買い出しも便利になります。

OK

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (17) 棚の脚を大量生産

仕掛品などを置く棚の脚を、樹種もサイズもバラバラの材木から大量生産中です。寺家木工舎に材を運んで午前10時から夕方6時までかかってできあがったのは、写真の略倍の95本。幅1.8mの棚に必要となる脚は6本、半分の長さの貫も6本なので、95本では棚を10個しか作れません。棚を15個程度、それに工具箱用の棚を6個程度作る予定なので、このような製材にもう一日は必要です。それが終わると墨付け、加工、組立と心ときめく年の瀬となりそうで、トホホ。

脚作り

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (16) 更に材木をいただきました

M材木店からまたまた材木をいただき、借りた軽トラックで雨の中2往復して「木の遊び場」に運び込みました。写真の他にも床板を数十枚は運んだので総重量は多分1トンを超えると思いますが、それを高齢者2人が、長い材は半分に切ってからトラックに積み、荷台から下ろして壁に立てかける。いやはや体育会系の雰囲気で淡々と作業は進み、腰が痛いなどと泣き言を言う暇はなかったですね。

さて、木の種類はいろいろで棚の脚や天板に使う予定ですが、電気工事が済んでいないので大型の木工機械を使うことができず、寺家木工舎まで運んでの加工となります。

材木

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (15) 作業台#1略完成

Tさんによる作業台#1が略できあがり「木の遊び場」に運び込みました。天板は厚さ3cmのナラで大きさは70x130cm、高さは85cm。オフの「速締めバイス」を奢って、後は脚元の棚板とバイスの口に保護用の板を取り付ければ完成ですが、これを後9台作るとなると年内には無理でしょうかね。

作業台#1

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (14) 棚作り開始

電動工具や仕掛品を置くための幅1間の棚を1階に6個以上、2階に10個以上作ることとなり、M材木店でいただいた角材、ポリランバーと床板の加工を始めました。この他にも数十個は必要となるだろう工具用の箱を置く棚や材木置き場も作るのですが、何せ高齢者二人にとってはお茶の時間も大切だし、明るい内に家に帰りたいしということで、なかなか仕事が捗りません。でも、こんなにワクワクする時間をこの歳になって過ごせることに感謝しなくてはいけませんね。

棚作り

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (13) 木工機械もいただきました

雨の中、M材木店でいただいた木工機械をK運送店に「木の遊び場」まで運んでもらいました。手前から手押し鉋、自動鉋、集塵機、奥には超仕上鉋と昇降盤。大型のコンプレッサーもあります。

蛍光灯を天井に直付けしたので、部屋の雰囲気が変わりました。また、右奥の壁の200V用配線盤もできあがりつつあり、もう一週間もすれば機械を使えるようになります。ワクワクしますね。

木工機械を搬入

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (12) 電気工事の傍らで

「木の遊び場」の1階に設置する200V仕様の大型電動工具用の電気工事を、電気工事士の資格を持つ寺家木工舎のWさんにお願いしたのですが、1階天井からぶら下がる埃まみれの蛍光灯器具をこの機会にどうにかしなくてはと、Wさんの作業の傍らで掃除を始めました。

数十年間掃除したことがなさそうな蛍光灯器具12基を天井から外し、埃を払い水拭きして、蛍光灯も雑巾で拭き、器具を天井に直付けし、後は笠の内側に白ペンキを塗って完成となるのですが、三脚を登ったり降りたり、上を向いてネジを締めたり外したり、埃が顔に落ちてきたり、結構楽しめました。Wさんによれば電気工事は後2、3日かかるそうです。

蛍光灯の掃除

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (11) 作業台用材木加工中

木工教室でも貸工房でも必需品の作業台をとりあえず10台作ることとして、電動工具を頂戴するM材木店で角材などを取り寄せていただき、所定の長さに切っているところ。加工が終わった材木を軽トラックで15km離れた「木の遊び場」まで大工さんに運んでもらってと、何から何までお世話になりっぱなしです。

作業台作りと並行して電動工具や仕掛品を置く棚作りも待っていて、2008年9月の寺家木工舎立ち上げに向けた木工作業を思い出しました。当時は10名で頑張りましたが、今回は少数精鋭の高齢者2名、しかもあれから6年間も無駄飯を食ってきた訳で、のんびりやらないと体が壊れてしまいます。この歳になってこんな作業をすることになるとは、今年の正月には予想もしませんでした。

加工中

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (10) 駐車場の舗装

作業のために「木の遊び場」に出かけてみると駐車スペースを舗装工事中。舗装するという話は不動産屋から聞いておらず、大家さんからの成約プレゼントなのでしょうか。建物の裏のスペースに山積みとなっていたゴミも処分され、これまたコンクリートで覆われていました。不動産屋の物件紹介チラシには「駐車場1台付」とあったのですが、これだけの広さがあれば小さな車なら2〜3台とめられるかもしれません。

駐車場

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (9) 階段取り壊し完了

階段に施された「蓋」を取り外すだけだから簡単だろうと考えていましたが、なんのなんの。取り外すべき対象は、家の躯体にコーススレッドで取付けられた角材、その角材に釘でとめられた15本程の垂木、その垂木毎にご丁寧にも何か所も釘でとめられたコンパネ、そのコンパネに強力な接着剤で貼り付けられたプラスチック・タイルといった構造で、先ずタイルを剥がすのに一苦労。釘を抜いてコンパネを取り除くのにも一苦労。これを階段から落っこちないようにつま先立って行う訳で、昼寝も忘れて蓋を取り除いた時には疲労困憊でした。やれやれ。

階段

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (8) 材木をいただきました

もう使わないからといただいたポリ・ランバーと床板を、お借りした軽トラックに積み込んで、ロープの結び方も教えていただき、第三京浜の都筑インターまで慎重に運転して「遊び場」に運び込みました。いただいた材木はまだまだあるのですが、高齢者には1回の往復が丁度いい運動で、午後は階段を覆っている垂木とコンパネとプラスチック・タイルを取り除き始めたのですが、これがとんでもなく大変な作業で、その報告は次回に。

材木

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (7) 階段を復活させます

借りた建物は1階と2階を異なるテナントが使っていたために内階段がこのように塞がれていて、これを使えるようにするのが次なる課題。ある日、大工道具を持って工事に出かけたのですが、2階の鍵を忘れ、中に入れず。階下から壊す訳にもいかないので何もせずに帰りましたが、高齢者の人生とはかくも困難が多いものであることを、この歳になっていろいろと実感しています。

階段

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (6) 2階の使い方

2階はこんな感じ。1階同様、壁際に仕掛品などを置く棚を作り、中央に置く工具箱用の棚と休憩用の食卓で左右の空間を分けて、片方が教室用、反対側が貸工房用とするのも一案。また、トイレの周辺には間仕切りを兼ねた棚を置きたいですね。高齢者の必需品であるウオッシュレットについては本プロジェクトが回り出したら検討します。

二階

(この他の記事はこちらから検索できます
| すうさん | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (5) 泥縄のWordPress

作業場が立派にできあがっても、それを人々に知らせる術を持たねば誰も使ってくれないということで、並行して情報発信方法を検討しています。ツールはTom's Townで使う予定のブログ・ソフトのWordPress。Tom's Townは1年近く進展がありませんが、今回ばかりは泥縄で勉強を始めました。謂わば「65歳の手習い」。ルンルン。

毎日Jugemでブログを投稿しているせいかWordPressの骨格はほぼ理解できました。Jugemにはない、ブログ用カテゴリーの親子関係、静的コンテンツ用の固定頁、アイキャッチ画像などの発見もありました。ただ、(1)会員登録機能と(2)作業台予約機能はシステム開発が必要で、それをWordPressのプラグインで対応できればしめたものです。更に、ブログとして投稿したイベント情報をカレンダーに反映させる方法があれば嬉しいですね。

さて、WordPressでは「テーマ」と呼ばれる画面デザインのためのテンプレートが利用可能で、この本はベクトル社開発の「VizVektor」なるテーマを前提に書かれているため、このまま行けばVizVektorを使うことになるのですが、これがWordPressのバージョン・アップについてきてくれるのか、という点がやや心配。まぁ、案ずるより産むが易しということでしょう。

WordPress

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (4) 1階の使い方

材木屋から頂戴する木工機械の大きさに切ったボール紙をあつこちに動かしながら1階のレイアウトを検討中です。下(北側)と右(西側)の壁際には高さ1mほどの棚を回して小型の機械を置き、棚下は収納スペースとする予定。わが家からは小型木工旋盤、DIY用の手押し鉋、自動鉋、角ノミなどを持ち込むつもりですが、ここを粗大ゴミ処分場としないように気をつけなくてはいけません。

寺家木工舎の6年間で発見したのは「人間とは材木集めが好きな生き物である」ということ。読む暇もないのに本を買い集めるが如く、当面のあてもないのに材木を集めるのが趣味になっている方もいるので、ここでも材木置き場を準備しておくべきだろうと、窓も扉もない右(西側)の壁際が候補ですかね。

一階

(この他の記事はこちらから検索できます;
| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (3) これが2階

小出しで申し訳ありませんが、1階に続いてこれが2階。1階と同様、窓際に作る低い棚を仕掛品などを置く場所にして、中央に作業台が何台置けるか。その他にもクランプ用の棚、メンバーの工具箱を納める棚、食卓などなど。これまた考えるのが楽しみです。

二階

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (2) これが1階

家賃の値引き交渉で原状回復不要としたために床が汚れたままですが、問題はなさそうです。壁際にはスライド丸鋸など電動工具用の棚を置いて、中央に自動鉋などの木工機械を置くことになるでしょうが、どんな感じに仕上がるのか。奥の小部屋の使い道も考えなくてはなりません。ショールームにするというアイデアもあり、楽しみです。

一階

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Big Bang (1) 新しいプロジェクトが始まりました

寺家木工舎の7年目を楽しんでいるさなか、いい年して何を今更と言われそうですが、自分が楽しむことに加えて、地域の子供達やお年寄りが木工の楽しさに出合う手助けができれば、自宅の環境で木工を思う存分できないような連中に「遊び場」を提供できればと考え、仲間と2人で新しいプロジェクトを立ち上げました。

「遊び場」として、第三京浜都筑インターから2.4km、車で7分、横浜市営地下鉄グリーンライン高田駅から800m、徒歩10分の古い工場建屋を借り、1階を機械室、2階を作業室とする予定で、広さは各階82平米とまあまあ。周囲に小工場が密集するような立地で、環境的には寺家木工舎にはるかに及びませんが、まずはここで活動開始することにしました。

「遊び場」では専門家をお招きしたり、我々も講師になったりしていろいろな木工教室を開催する予定で、木工以外の楽しい教室も検討したいものです。小学校の同級生から「材木屋を店じまいするので木工機械をあげる」との嬉しい話も届き、腰が痛くなりそうではありますが、暫くは「遊び場」作りを楽しませてもらいます。

昭和60年築

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode