木旋美術倶楽部1リットル展2011 (11) 図録完成


先日の木旋美術倶楽部1リットル展に出展された作品30点の図録ができあがりました。展示会用DM作成、作品板準備などを全て引きうけていただいた川口さんの力作。それにしても凝りますね。脱帽です。

HP左側の「Catalogue」から注文できます。1部3,500円。

図録

| すうさん | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (10) 講評


ギャラリー坂のオーナー中川さんによる作品の講評があり、藤沼さんの作品は別格として、作者や作品のレベルを見てとられたのでしょう、その他の作品については総じて暖かい講評でありました。

講評が終わって個人的に厳しい講評をお願いしたら、世の中を広く見まわした上で作品のオリジナリティーが必要とのアドバイス。それは分かっているのですが。発想を得るために脳みそを絞るような時間抜きでは、そのような作品は生まれないのでしょうね。

講評

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (9) 作品展示


木旋美術倶楽部1リットル展の会場に作品を展示してきました。9名の作家による約30点の作品。それぞれの人柄が出ていて面白いですね。

11月2日(水)にはトークイベントが予定されていて、ギャラリー坂のオーナーから出展作品についてひと言づついただけるそうで、何やら夏休みの宿題の講評を待つ小学生の心境です。

ギャラリー

| すうさん | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (8) 案内状


木旋美術倶楽部1リットル展2011への出展作品は(1)木工旋盤を使うこと、(2)体積は1リットル以内、(3)縦横高さの1辺が50cmを超えないことが条件。木旋美術倶楽部が「たまには機能的でないものを創りませんか?」という組織なので、どんな作品が並ぶのか楽しみです。

会場は以下のとおりですので、是非お出かけください。小生の在廊日は11月6日(日)と17時から「回転体ウッドワークの向こうにみえるもの」というトークイベント(無料)が開催される11月2日(水)のみ。

会場:    masuii R.D.R gallery & shop
住所:    〒332-0016 川口市幸町 3-8-25-109
            京浜東北線川口駅東口から徒歩6分
電話:    048-252-1735

期間:    2011年10月31日(月)〜11月6日(日)
            11時〜20時(最終日は16時まで)

案内状

| すうさん | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (7) 作品たち


やっとできあがったのが写真の4点。想像していたものとは別物となりました。小学校の夏休みの作品のようで、人様にお見せするのは恥ずかしい限りです。

作品たち

| すうさん | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (6) 試作 #4 その1


今回はワインのボトル。次から次へと作ってはいますが、出展作品は5個までと決っているので、どれを出すかは追って考えましょう。

最近の一連の作業、木工旋盤の練習としては意味があるとは思いますが、ガウジを使って繊細に削るのではなく、スクレイパー、木工やすり、サンドペーパ中心の力任せのターニングとなっています。

ワインボトル

| すうさん | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (6) 試作 #3 その1


広口瓶の失敗にめげることなく第三作に挑戦。相手は生活クラブの「R瓶」。瓶に「R」の印は回収して再利用することになっており、生活クラブの意識の高さが感じられます。

R瓶

| すうさん | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (5) 試作 #2 その2


久しぶりの木工旋盤で広口瓶を加工しましたが、口の部分が実物より小さいことが判明。

Measure twice, cut once.のルールを軽んじたことが、このような結果につながりました。やれやれ。

広口瓶

| すうさん | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (4) 試作 #2


夏風邪あがりで電球の今後を考えるのが億劫だったので広口瓶に挑戦することにしました。

直径8cmの材がなかったのでスギの集成材を削り始めましたが、我が技術では表面がボソボソになってしまい、うまきいきません。木工用のヤスリでも買ってきますか。

広口瓶

| すうさん | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (3) 試作 #1 その2


電球を作り始めたものの、父親の入院、沖縄訪問の準備などに追われ、重ねて夏風邪で2日ほど寝込んでしまい、なかなか進みません。

電球ソケット部分の加工用に小型ドーナッツ・チャックを作ってみたものの、始める前に作業の手順を考えれば、このチャックは不要だったかもと反省。沖縄から戻ったら制作再開です。乞うご期待。

ドーナッツ・チャック

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (2) 試作 #1


前線南下のお陰で涼しくなったので、角材を何種類か丸棒にして、先ずはブナ材で電球を作り始めましたが、微妙な球面の具合を表現できず未熟さを痛感しています。

この後、ソケットの方をどうやって整形するのか、場合によってはそのためのジョーを買うことになるのか、何か工夫してしのげるのか、一つ一つが楽しみです。ただ、小学生の工作のようになりそう。木工旋盤よちよち歩きとしては、まぁ、それでいいか。

試作中

| すうさん | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木旋美術倶楽部1リットル展2011 (1) アイデア


木旋美術倶楽部が来る10月末に開催する「1リットル展」に向け、切れた電球、瓶、ペットボトルなど目につく「回転体」を集めては眺めていますが、なかなか作品の構想に至りません。

今のところのアイデアは、電球のコピーを作ってみようかというもの、「省エネ電球」とか称して。理由は、小生の技術レベルでもできそうなことと、そのような作品を見たことがないから。木工旋盤の作品に接してこなかったので、どなたか先人の作品として存在する可能性大ですが、その場合はご容赦を。

回転体

| すうさん | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode