2014年十大ニュース

12月23日に香港Classifiedのマーマレイドを背負って現れた孫は、それから1週間以上連日の大騒ぎにも疲れは見せず、ぎっくり腰の背中によじ登ってくるので往生しているのですが、前回の逗留以降の4か月間の成長に驚かされます。先ずはおしめ不要となり、おねしょも無しと、両家の家系では考えられぬ完全防水仕様に進化し、発言も大人びてきて、一家で後楽園まで見に行ったトッキュウジャーのショーの感想を聞いたところ「お金を払わなくてはいけないので(トッキュウジャーと)握手はしなかった」とやや寂しげに説明するなど、4歳半と思えぬ状況察知力を持っているようです。

さて、いろいろあった2014年も終わろうとしているので、恒例の「十大ニュース」を選んでみました。2015年が良い年でありますように。

1. 刺繍の額作り(1月)
2. 「小さな列車」いろいろ(新幹線、漆ラッピング他)(2月〜)
3. メッサーシュミット作り(1月〜、中断中)
4. 寺家木工舎に木工旋盤導入(1月)

5. 札幌雪まつりの旅(2月)
6. 北海道縦断の旅(6月)
7. 青春18きっぷで四国周遊(8月)
8. 紅葉の絶景ローカル線の旅(10月)

9. 「木遊び」設立準備(10月〜)
10. タブレット使用開始(2月〜)

マーマレイド

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】北海道縦断の旅 (13) 函館市電湯の川停留所

函館市には昔4つの終点停留所、五稜郭駅前、湯の川、函館どっく前、谷地頭がありましたが、五稜郭駅に伸びる路線が1978年に廃止となり、現在残る終点は3か所。その内の函館どっく前谷地頭は2011年に訪れたので、今回はホテル近くの市役所前から湯の川まで乗ってみました。終点で撮影して再び市電に乗って五稜郭公園前まで出て、坂を下って徒歩数分の気腹志で食事して、ホテルまで市電に乗ってと、こんな旅は電車好きでないとできないでしょうな。



(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】北海道縦断の旅 (12) 森林公園いこいの村

遠軽駅から車で30分ほどにある森林公園いこいの村で活躍するSL「雨宮21号」に会いに行きました。広大なオート・キャンプ場の中に8の字に敷かれた線路を客車を引いて走るこのSLは1928年生れの86歳、軌間762mmの武利(むりい)森林鉄道で活躍し、1961年(31歳)にさよなら運転、静態保存期間を経て1980年(52歳)に可動状態に復元され現在に至るそうで、これからの「老後」も元気でいて欲しいです。



(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】北海道縦断の旅 (11) トロッコ王国

北海道二日目のハイライトは、いずれも予定していなかったもので、暗い方はオホーツク海沿いを走る国道238号線でパトカーに捕まって罰金を払ったこと、明るい方は「トロッコ王国」でトロッコ(エンジン付保線用軌道自転車)に乗れたことで、その明るい方の話を少々。

宗谷本線の美深(びふか)駅から北東に向かって約21kmの仁宇布(にうぷ)駅まで美幸線なる路線があって未成線のまま1985年に廃線されたこと、美幸線の「美」は勿論美深駅から、「幸」は今は無き興浜北線の北見枝幸(きたみえさし)駅から取ったもので、この二つの駅を鉄路で結ぼうという時代があったこと、1935年から1963年までは軌間762mmの美深町営仁宇布線なる鉄道があったこと、美深駅から途中の仁宇布駅まで開通したのが1964年と最近のことだったこと、1972年の時刻表によれば1日5往復の列車が運行されていたことなどを、罰金支払い後の混乱する頭で運転しながら仁宇布駅跡に到着したのが15時50分。駅跡に「トロッコ王国」の看板を掲げた小屋があり、入ってみると16時発最終のトロッコを運転できると言われ、何と幸せな男だろうと感激して乗ったのがこれなんです。

片道なんと5kmもの軌間1067mmの美幸線の線路を走ること約20分、ということは平均15kmで走ったことになりますが、瞬間的には30km近く出ていたんではないでしょうか、折り返し地点に車で先回りしたトロッコ王国の方が待っていてポイントの切り替えをしてくださるという演出で、最後のループ部分は素人製作の凸凹の線路で「アクセルを緩めてゆっくりと走って、ただし緩めすぎると止まってしまいます」と微妙な運転となりましたが、無事に通過し、またゴトゴトゴトと楽しく帰路についたのでありました。因みに正式な鉄道の扱いではないので、農道と交差する所では、トロッコ側が一旦停止となります。



(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】北海道縦断の旅 (10) 稚内駅にて

旅行中に撮影した動画をNexus君からYouTubeにアップする方法が分からず、改めてPCから何回かに分けてアップします。

先ずは旅の初日、稚内空港でレンタカーを借りてチェックインしたホテルは稚内駅前。昼食の場所を探しに訪ねた駅は1面1線、分岐器無しのさっぱりとした構成で、この後に訪れた夕張駅と同じでした。アルミとガラスを多用し、函館駅に似た駅舎は2012年開業と新しく、今やこれが終着駅のデザインなのでしょうか。

さて、丁度出発する13時42分発の旭川行きの列車に、未体験の宗谷本線に誘われたように感じたと言えば、いずれの青春18きっぷの旅に向けての布石としてはやや強引ですかね。



(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (9) 無事に終了

最終日は一日中函館の街をブラブラして夜のフライトで羽田に帰還。函館では朝市や自由市場も見ることができたし、市電にも乗れたし、10年ぶりの函館山では曇り空ながら素晴らしい景色を楽しめました。稚内から函館まであちこち走り回った8日間の走行距離は1,810.1km。新車同様のフィット1300の燃費は24.7kmでした。

北海道弁をたっぷりと聞くことができ、また餌をもらいに車に寄ってくるキタキツネに何回も出会え、想い出に残る旅となりました。2016年に新幹線が開通したらまた出かけたいですが、その前に青春18かな。

函館山

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (8) 駒ケ岳から函館へ

七日目は銀婚湯を出発して駒ヶ岳を臨む大沼で遊覧船に乗って函館までの短距離を移動。とはいえ、恵山方面に進んで未成線である戸井線の遺構を探して海岸沿いを走ること暫し、汐首岬近くの民家の上に見つけました。廃線も寂しいですが未成線は線路が敷かれなかった路線、ということは例えて言えば、亡くなった子供に対して生まれることができなかった子供を見るようで、現実の厳しさを感じます。

数年ぶりの函館の夕飯は「気腹志(きばらし)」なる居酒屋。この店の名を異なる二人から聞いたということは、費用対効果が高いと期待され、訪れてみてその期待は裏切られませんでした。今晩はシマエビ、シマアジ、ホタテ、真イカなどにいつもの芋焼酎と、稚内の竹ちゃんに始まって函館まで、居酒屋を渡り歩いた訳です。

戸井線

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (7) 洞爺湖と銀婚湯

六日目は登別温泉から渡島半島の秘湯、銀婚湯温泉までのドライブ。洞爺湖からニセコまで走った勢いで日本海まで出て、寿都、瀬棚を訪れ、夕方銀婚湯に到着。いざブログ更新となるのですが電波が届いておらず、車で国道まで走ってネクサス君をいじっている次第。ソフトバンクとauは使えるのに。

瀬棚駅

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (6) 富良野の初夏

五日目は富良野から登別温泉までのドライブ。雨で寒い富良野ではファーム富田だけ見学して、予定しなかった夕張に寄ってみました。夕張は快晴で湿度も低く、北海道らしい日射しの下「幸福の黄色いハンカチ 思い出ひろば」で昼食。

どの町も人口減少による空洞化が深刻でしたが、それは都会でも同じで、「町おこしデザイナー」の存在が空洞化対策の成否を決めると感じました。中でも富良野は、駅前はやや寂れているものの、泊まったホテルのインテリアは使いやすく考えられていたし、ファーム富田のドライフラワー店には素晴らしい展示がいくつもあったし、「オムカレー」などの名物作りも上手く進んでいるようで、富良野では民間と行政のデザイナーがワイワイ楽しくアイデアを交換しているんだろうなと思います。

ドライフラワー

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (5) 士幌線跡巡り

四日目は層雲峡から三国峠、幌鹿峠、狩勝峠と山道を走って富良野へ至るドライブ。その間に今日も「鉄分」たっぷりに旧士幌線関連施設を回って、糠平では観光案内所で教えてもらった店で十勝名物の豚丼の昼飯。2006年以来の本場での豚丼でしたが、少々期待外れでした。

ところで、ガソリンが少なくなったので富良野近くで給油したのですが、926.1km走って35.68L、ということは26km近く走った訳で、我がCOLTの倍の燃費です。毎月のガソリン代が半分になるのは魅力ですね。

豚丼

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (4) 雨宮21号

三日目は紋別から層雲峡までのドライブ。関東は梅雨空らしいですが当地は快晴。先ずはサロマ湖、続いて能取湖、旧湧網線の線路跡を利用したサイクリング道、網走駅、網走監獄と巡って最後は丸瀬布いこいの村でSL雨宮21号が引くトロッコ体験。今日も300kmを越えました。

雨宮21号

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (3) 廃線跡巡り
二日目は稚内から廃線跡を訪ねながらオホーツク海に面する紋別までのドライブ。途中の国道でパトカーに待ち伏せされて罰金12,000円也。たったの19キロオーバーですぞ。一時間後に隣町の郵便局で支払いました。トホホx2。

その他は順調に進んで、宗谷岬に続いては、浜頓別、北見枝幸、仁宇布、雄武、興部、紋別と、多くがバス・ターミナルか道の駅となった廃駅の往時を偲んで、特に仁宇布駅では現在「トロッコ王国」なるNPO法人が運営する旧美幸線の片道5km、往復10kmの軌間1067mmの線路を「エンジン付き保線用軌道自転車」で40分の運転を楽しめて、予定しなかった思い出作りができました。動画もあるのですが、ファイルの取りだし方が分からず、戻ってからアップします。

トホホ

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (2) 稚内にて
いよいよ北海道縦断の旅がスタート。雲に覆われた津軽海峡を飛び越えて昼過ぎに到着した快晴の稚内は気温20度。レンタカーでノシヤップ岬、サロベツ原生花園、宗谷本線の無人駅等を訪ね、再びノシヤップ岬で美しい日没を見て、最後はホテル近くの「竹ちゃん」で刺身や焼き物。シアワセ。

竹ちゃん

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
北海道縦断の旅 (1) これがルートです

今年の10大プロジェクトの一つ「北海道旅行」の雪まつりに続く旅について、旅の楽しみの半分は旅の前にありということで、出発1か月以上も前からゴソゴソと楽しんでいて、6月末に次のルートを車で経巡ることになりました。「鉄分」をそれなりに含む今回の走行距離は1,300kmを超え、初夏の北海道を北から南まで満喫できそうです。

初日:午前中に羽田から稚内へ、空港でレンタカーを借り、この日は稚内泊
二日目:稚内から廃線駅跡などを訪れて紋別泊
三日目:紋別から遠軽駅経由丸瀬布でSLに乗って、層雲峡泊
四日目:層雲峡から三国峠を越え糠平湖や士幌線跡を訪れ、富良野泊
五日目:富良野を散策し高速で登別温泉へ
六日目:熊牧場、洞爺湖に寄って銀婚湯へ
七日目:駒ケ岳に寄って函館へ
八日目:夜の便で函館から羽田へ

ところで、メイン・ルートから外れる盲腸のような線は、ペイントで描画をしくじったのではなく、次のような寄り道なのです。

最初の盲腸:紋別から網走に向かう道を遠軽方面に右折する前にサロマ湖まで往復
次の盲腸:遠軽から上川に向かう道から外れて丸瀬布森林公園いこいの森まで往復
最後の盲腸:登別から函館に向かう高速を出て洞爺湖まで往復

旅程

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode