ギター弾き語りクラス (1) 再出発

昨年3月からクロサワ音楽教室でギターを、4月からは区主催のボイス・トレーニング教室などで発声法を勉強してきましたが、本来のゴールであるギター弾き語りの上達にはギターと歌をリンクさせる形で勉強しなくてはと、ギターとボイス・トレーニングは小休止として、横浜駅西口からほど近い音楽教室の「ギター弾き語りクラス」を受講することとしました。

最初の課題曲は森山直太朗の「愛し君へ」、続いてはMISIAの「幸せをフォーエバー」と、いずれも高めの旋律への挑戦ですが、講師の進め方もスピード感があるし、学ぶことも沢山あり、また6月には生徒たちの発表会があるそうで、若者に交じっての練習を暫く続けてみますか。

ギター弾き語り

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (15) Jamaica Farewell


フォークギター・ユニットR250の練習曲の中で特に難しい曲の弾き方を教えていただこうと、駆け込み寺となったクロサワ音楽教室へ久しぶりに出かけました。

今回教えていただいたのはThe Brothers Four版「Jamaica Farewell(さらばジャマイカ)」のイントロ部分。先生レベルになると楽譜を見るなり弾き始められる訳で、先生との間に聳える高い山を感じるたびに絶望的になります。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (14) 今はもう誰も


フォークギター・クラブでの課題曲の一つがこの「今はもう誰も」。イントロをギター教室の先生に弾いていただきましたが、ピックの使い方が次なる挑戦です。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (13) サボテンの花


練習部屋を借りている地域ケアプラザの敬老週間にフォーク・ギター・クラブがミニ・コンサートをすることとなって、披露する曲の一つ「サボテンの花」をギター教室の先生に弾いていただきました。この演奏を参考に約1か月練習すれば、弾けるようになりますかね。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (12) 人生の贈り物 その1 改


前回のレッスンで先生がイントロを弾いてくれましたが、今回はカポを5フレットにするやり方を見せてくれました。GからCに変わるだけでこんなに簡単になるんですね。

先生のお手本をよく見ると、メロディーを弾くのに右手の複数の指を使っていることに気づきます。上達するためにはこれが必要とのことですが、簡単ではありません。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (11) 人生の贈り物 その2


イントロと同じ日に弾いてもらった間奏部分。ギターの場合、弦とフレットの組み合わせの複数個所で同じ音を出せるので、なるべく左手の運びを少なくするよう考えなくてはなりません。これができればギターらしさが出ますね、確実に。

ところで、還暦過ぎが「僕の髪〜が肩まで伸びて(結婚しようよ、吉田拓郎)」などと口ずさめば「お前の何処に、そのような髪の毛があるのだ」と野次を飛ばされますが、この歌の次の部分は違和感なく歌えるように思います。ジーンときますね。

『もしももう一度だけ若さをくれると言われも 恐らく私はそっと断るだろう
 若き日のときめきや迷いをもう一度繰り返すなんて それはもう望むものではない』

『並んで座って 沈む夕日を一緒に眺めてくれる友がいれば 他に望むものはない』



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (10) 人生の贈り物 その1


「いのちの理由」も「Puff」も未完成ですが、少々飽きてきたので次なる練習曲として「人生の贈り物」をとりあげ、ネットで買った楽譜を先生に見てもらったら、その場でこのイントロを弾いてくれました。何という能力。

先ずオタマジャクシがどの音を指しているのか直ぐには分からないし、分かったとしてもどの弦のどこを押さえるのか即断できないのが小生の現状。

先生曰く「弾きながら声を出して音階を言うことでポジションを記憶すること。それができたら1オクターブ上の練習をすること。」だそうで、乗り越えるべき課題の量は前途洋々といったところですね。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (9) いのちの理由 その2


いのちの理由 その1もままならないのに続いてその2が始まりました。左指については、(1)基準となる指を決めておくこと、(2)指を大きく動かさないことが重要とのこと。

例えば、(1)はCからG/Bに移る場合にCの人差し指を基準として動かさずに他の指でG/Bを押さえてから人差し指を放すこと、また(2)はコード変更の都度指をネックから大きく離さないことで、確実に弦を押さえることができるということです。なるほどね。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クロサワ音楽教室 (8) サム・ピック


依然として「いのちの理由」と「パフ」を練習中ですが、右手親指が弾くべき弦を弾けない現状を見た先生から「どうせならこの時点でサム・ピックを練習してはどうか」とのアドバイスがあり、早速入手しました。親指の先にピックが出っ張るので弾く感覚は全くの別世界。闇がますます深く濃くなった感じです。

さて先日お伝えした東急ハンズ移転に関する情報をつかみました。クロサワ音楽教室は7月にモアーズ5階から4階へ移ると説明してくれた店員によれば5階と6階に東急ハンズが入ると。かなり床面積を縮小しての再開となるので、必要なものが並ぶのか心配です。

サム・ピック

P.S. その後の東急ハンズ広報によれば入居は5〜7階の4,300屬箸里海函8什澆量麋省ですかね。

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (7) パフ


4月中旬からの「いのちの理由」はなかなか上手く弾けませんが、新しい曲「パフ」に挑戦することにしました。ポイントは右手の親指、人差し指、中指を使う「Three Finger」という奏法で、親指が6弦から4弦または3弦までを担当することにより、低音部で親指の力強さを表現しやすいのだそうです。

そうは言っても右手は簡単には動かないので、先ずはギターを琴のように平らに置いての練習です。新しいことは、いくつになっても楽しいもんです。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (6) いのちの理由


教室四回目では先ずアルペジオの復習。コード進行をスムースにできるよう指の動きを考えること、押さえなくてよい弦は押さえないなど、勉強になりました。

続いて、先生にテレビ番組から採譜をお願いした「いのちの理由」の練習開始。まだ採譜中とのことでTAB譜は未完成でしたが、できあがったところまで先生に弾いてもらうと、あたり前ですが、曲になってます。新しい世界を覗けたような気がしました。1曲マスターするには少なくても数か月はかかりそうですが。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (5) アルペジオ各種


スケール練習、ハンマリング、プリングと進んで第3回目はいろいろなアルペジオの練習。左手用にはCM7、C#dim、Fadd9、Dm7(11)、Gadd9といったコードが居並び、音をちょっとひねることの洒落っ気は感じられますが、指はそうはいかず弦の上をさまようだけ。右手の指は弦を弾く順番を守ることができずにオロオロするだけ。いやはや教室の45分があっと言う間に過ぎてしまいます。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クロサワ音楽教室 (4) 弦高調整


昨年末に買ったギターの弦高が高いように感じたので先生に診てもらったところ、ブリッジを削って調整しようということで、早速クロサワ楽器にお願いしました。

作業に使ったのが木工時の必需品であるシンワの150mmステンレス定規とリョービのベルト・サンダー。弦を外して、12フレットでの弦高を6弦2.5mm、1弦2mmになるようにブリッジを削って、新しいExtra Lightなる弦に取り替えて、工賃は525円。ありがとうございました。

ギターの修理

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (3) ハンマリングなど


クロサワ音楽教室一回目のスケール練習に続いて二回目はハンマリングとプリング。いずれの場合もコードの「F」で2弦がビリビリしてしまい、基本に立ち戻る必要があります。毎回出てくる新しい課題で脳みそが刺激されて学生のような気分になっており、認知症予防には効きそうです。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【動画】クロサワ音楽教室 (2) 運指のお手本


フリーレッスンで教えていただいたスケール練習、家で毎日のように繰り返したのですが、なかなか上手くいかず、入会後第一回目のレッスンで改めて先生にお手本を見せていただきました。先生は中高時代に毎日練習したとのことで、還暦過ぎの場合には、ここまで至るのに何年かかるのだろうか。



(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クロサワ音楽教室 (1) スケール練習


昨年11月からのフォーク・ギター教室で火がついてしまい、「習い魔」の小生としては、気分よく歌うにはギターの勉強が不可欠と考え、先ずは横浜駅西口のクロサワ音楽教室でフリーレッスンを受講。若い先生に希望などを伝えたら「スケール練習が必要」とのことで、TAB譜を書いてもらいました。

左手の指を決められた弦の決められたフレットに置く練習なのですが、何せ初めてのことなのでどの指を使うのか覚えられず、覚えていても指は動かず、次回までに自宅で練習してくることとなりました。帰ってYouTubeを見たら「スケール練習」で沢山の動画があり、ギター入門には不可欠な練習のようです。

スケール練習

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode