Entry: main  << >>
地域住民の居場所プロジェクト (21) 最近のecho

 

オンライン版スナックでは盛り上がれないことが分かったので4月、5月で卒業し、6月からは東白楽駅前の「醇」におけるリアル版を月1回のペースで続けています。人数は毎回5〜6名と少人数ながら、20代の若者から高齢者までが会話と酒を楽しむ場となっています。

 

さて、9月の会で珍しいものを見つけました。早めに到着した若者が時間つぶしに吸っていたechoですが、パッケージの色が変わったようだし、大きさも一回り小さくなった感じ。ネットで調べると、たばこの税率変更に伴い、echo、ゴールデン・バットなどの低額品が昨年販売終了となり、その代わりに紙巻煙草から変身した葉巻煙草(小型シガー)のechoが生まれたと。紙巻煙草の場合、1本あたりの煙草税は13円ほど(消費税を含めると1箱で300円以上を納税している計算です)、対する葉巻煙草は5円ほどと税率が大きく異なることが葉巻煙草が生まれ背景で、煙草を作る方も吸う方も大変な努力を重ねている訳です。

 

Echo

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 13:54 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode