Entry: main  << >>
幻の人車鉄道

信じがたいことですが、明治から大正にかけて各地で、「人が、人を乗せたレールの上の車を押す」人車鉄道と呼ばれる交通手段が存在しました。

この本は、小田原、熱海間25.6kmで、1896年(明治29年)に全通、1906年(明治39年)に廃止された短命の「豆相(ずそう)人車鉄道」について、その詳細な調査内容をまとめたもので、それによると、軌間610mm、車輛はトロッコに屋根をつけたような8人乗りで、それを2名の車夫が押したそうです。

当時の時刻表によれば、東海道本線の国府津から小田原まで馬車鉄道を使い、小田原から熱海まで豆相人車鉄道で4時間程度、国府津到着から熱海までは6時間の旅でした。

豆相人車鉄道は、その後、熱海鉄道(軌間762mm)に生まれ変わり、小田原、熱海間を2時間半に短縮。熱海鉄道の7号SLが熱海駅前に飾られています。

人車鉄道
| すうさん | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode