Entry: main  << >>
まちづくりプロジェクト (16) 感震ブレーカ取付け

 

防災委員会での議論の流れから、町内での「防災3本柱」は避難訓練、感震ブレーカ取付け、危険なブロック塀撤去ではなかろうかということで、早速感震ブレーカをAmazonで注文、送料込みで2,350円、翌日届きました。

 

感震ブレーカとは、強い震度を感じると、配電盤の中のアンペア・ブレーカあるいは漏電ブレーカを切り、再通電による火災を防ぐための器具で、今回は内蔵の感震メカニズムでレバーを引っ張るタイプにしました。わが家の配電盤は蓋つきのため、感震ブレーカ取付けと併せて蓋は取外し。ブレーカのレバーの幅が広かったので書類用のクリップでレバー先端を挟んで、そこに感震ブレーカから伸びるバンドを取り付けました。ここいら辺りはそれぞれの家で違うんでしょうね。

 

テストの最中何度も電源を落として真っ暗となったので、感震ブレーカ取付け後は夜間の地震に備えて懐中電灯が常備品です。また、感震ブレーカは1軒だけ取りつけても意味が無いので、班内に働きかけて設置世帯数を増やすので当面の課題です。

 

感震ブレーカ


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode