Entry: main  << >>
昇降盤の向き変更

 

昇降盤は大変に危険な木工機械とは聞いていましたが、その恐ろしさを実感しました。状況はこんな感じ。

 

昇降盤でクリ板を製材中に大きさ30x40cm、厚さ3cmの板が鋸刃に乗っかってしまい、刃が板に食い込んで猛スピードで板を飛ばしたのです。昇降盤から4m程のところで作業中の小生の頭上を飛び越え、10m離れた棚の上部に大きな音と共に飛び込んだ次第。

 

最初は何が起きたのか理解できませんでしたが、飛んだ方向が少し違えば小生の頭を直撃した訳で、命拾いしたと言って過言ではないでしょう。そんな訳で、昇降盤の向きを逆にしました。これなら材が飛んでも後ろ側の壁にあたるだけなので、作業中の本人はとにかく、近くにいる人が怪我をすることは無くなります。クワバラ、クワバラ。

 

昇降盤


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode