Entry: main  << >>
有朋自遠方来不亦楽

 

2011年と同じタイトルですが、今回は「屋久島ガウディ」ことYさんに久しぶりにお目にかかった話。Yさんとは、4年前浅草での並木藪蕎麦から始めた食べ歩きが直近の想い出で、蕎麦つながりということで、わが家から横浜駅に歩いて行く途中にできた横浜蕎麦「傳介」で会食。ビールと芋焼酎を飲みながら四方山話に花が咲き、毎度のことながら飲み過ぎました。

 

さて、丁寧に作られた料理は綺麗だし美味しかったものの、肝心の蕎麦は、先日の田川後藤寺駅前の美味しかった蕎麦と比べて香りと茹で加減の2点で改善余地ありと感じました。中でも茹で方について、Yさんの蕎麦打ちの師匠の場合は、太さ1.2mmの蕎麦で茹で時間は38秒(だったでしょうか)と、蕎麦とは繊細な食べ物です。香りについては、数週間後に出てくる秋の新蕎麦に期待しましょう。

 

なお、Yさんがご自身を「ガウディ」と呼ぶには訳があって、2009年にお邪魔した時に建設中だったお宅がまだ完成しておらず、初孫が生まれたのでそろそろ仕上げようかと、本場のガウディ顔負けの長期計画となっています。

 

傳介

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode