Entry: main  << >>
共用ターニング・ツール

 

木遊びメンバーに木工旋盤をもっと使ってもらおうとターニング・ツール、ボウル・ガウジ、スピンドル・ガウジ、ラフィング・ガウジ、パーティング・ツール、スクレーパ2種の合計6本を手に入れましたが、ボウル・ガウジ(写真右)とスピンドル・ガウジ(写真左)は工場出荷のままでは使いずらいので、ツールの先端形状を整形しました。

 

川口工房の川口さんによれば、ボウル・ガウジの場合、ベベル角度55度、Onewayバリグラインド・アタッチメントのレバーを3つ目の山に合わせる、またスピンドル・ガウジの場合、ベベル角度40度、レバーを1つ目の山に合わせるのがお勧めとのことでしたが、最近多用しているシアー・カット・スクレイピング(shear cut scraping)をスピンドルガウジでもできるようにと、いずれもレバーを3つ目の山に合わせて整形してみました。どんな感じに削れるのか、楽しみです。

 

先端形状変更

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode