Entry: main  << >>
日本鉄道旅行地図帳 (7) 第6号 北信越

 

関東地方三部作に続くのは「北信越」と題した北陸地方と信越地方をカバーする地図帳。宮脇俊三さんの著作に刺激され青春18きっぷで乗り鉄を始めた2012年8月に初めてこの「北信越」のお世話になりました。横浜を出て東海道本線、飯田線、篠ノ井線、飯山線、上越線、羽越本線、磐越西線、水郡線、水戸線、両毛線と回る列車旅でしたが、改めてブログを読み返してみると、大して感激した様子はなく、その後どのように列車旅にのめり込んだのか、今となっては不思議な感じがします。

 

さて、北信越はそれほど遠くない地域であり、JRの未乗路線や区間は以下のとおり、小海線の一部と白新線だけですが、JR以外では黒部峡谷鉄道の終点駅欅平と黒部川第四発電所を結ぶ軌間762mmの関西電力専用軌道、お隣には国土交通省が主管する軌間610mmの立山砂防鉄道といった魅力的な路線があり、いずれも乗車会の抽選次第ではあるものの早い時期に体験したいものです。

 

【特集】 本書の特集は(1)立山黒部大鳥瞰図、(2)名駅舎100選 北信越11駅、(3)鉄道保存施設:立山カルデラ砂防博物館など、(4)全国新幹線網など。

 

【JR完乗時期、未乗区間(掲載は巻末の「駅名一覧」順)】

 

 ▶ 北陸本線 (2)(敦賀 - 金沢) 2017年9月

 ▶ 越美北線(越前花堂 - 九頭竜湖) 2017年9月

 ▶ 七尾線(津幡 - 和倉温泉) 2017年9月

 ▶ 城端線(高岡 - 城端) 2017年9月

 ▶ 氷見線(高岡 - 氷見) 2017年9月

 ▶ 高山本線 (2)(猪谷 - 富山) 2006年4月(カミオカンデ見学)

 ▶ 篠ノ井線(塩尻 - 篠ノ井) 2012年8月

 ▶ 大糸線(松本 - 糸魚川) 2006年4月(カミオカンデ見学)

 ▶ 小海線(小淵沢 - 小諸) ■野辺山 - 小諸未乗■

 ▶ 信越本線 (2)(篠ノ井 - 長野) 1970年頃(毎年のスキー旅行で)

 ▶ 信越本線 (3)(直江津 - 新潟) 2017年9月

 ▶ 飯山線(豊野 - 越後川口) 2012年8月

 ▶ 越後線(柏崎 - 新潟) 2017年9月

 ▶ 上越線 (2)(水上 - 宮内) 1970年頃(毎年のスキー旅行で)

 ▶ 弥彦線(弥彦 - 東三条) 2017年9月

 ▶ 白新線(新発田 - 新潟) ■未乗■

 

【想い出】

  • 何といってもスキー旅行での利用が想い出で、良く出かけたスキー場は八方尾根(塾関係)、志賀高原熊の湯(高校スキー部関係)、信濃平(大学時代)あたり。いずれも夜行列車で早朝到着し宿に入って休憩もせずに滑り出すといった感じで、今となっては信じられないような体力に恵まれていた訳です。この内、信濃平スキー場は2001年に閉鎖されたそうで、八方尾根や熊の湯はどうなっているのか、板と靴を持たずに行ってみたい気もします。

北信越

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode