Entry: main  << >>
地球の履歴書

 

大河内直彦さんによる「地球の履歴書」を読んで先ず思い出したのは、大学教授でありSF作家であったアイザック・アシモフの数々の科学エッセイ。専門家が豊富な知識を体系的に整理して素人である読者が理解可能な形で提供するという点が共通していて、小生としては、このような本に出合うと、素晴らしい景色を見た時と同様、心が洗われる気がします。印象に残ったのは以下の3点。

 

先ずは、「メッシニアン塩分危機」と呼ばれる地中海が干上がった事件(P.169)。533万年前まで60万年あまりにわたって地中海が何度も干上がり、そこに海水が流れ込んでは乾燥するということを繰り返した結果、地中海の海底には厚さ2〜3kmの塩が堆積している。地中海が干上がってできあがる塩の層は1回あたり30m程度ということは、百回近くも流入、乾燥が起きた訳で、当時の気温の変化や地殻変動の凄さは想像を超えたものだったんでしょう。

 

続いては、氷河期の海面低下の話。2万年前は現在よりも130〜140m海面が低く、東京湾の殆どは陸地であり(九州、四国、本州、北海道は陸続きだった)、その中央部には現在の東京、千葉、神奈川を流れる河川を集めたような巨大河川「古東京川」が出現し、河口は三浦半島の先端近くの久里浜沖であった(P.143)。その後、1万4500年ほど前には5cm/年ほどの急な海面上昇があり(5cm/年の上昇が2800年続けば海面は140m上昇するし、関東平野の一部が海と化した6500年前の縄文海進を加えればそれ以上の海面上昇だった)、当時の人々が海水に追われる様子を想像するだけでも恐ろしい自然環境変化です。

 

最後は、1912年(大正元年)に南極点に到達したものの、ノルウェイの探検家アムンセンに先を越され、失意のまま帰路ベースキャンプの11マイル手前で遭難した英国の軍人 Robert F. Scott の最後の日記。本著には、最後の書き込みとなった3月29日の頁と簡単な和訳が掲載されているものの(P.126)、英語を判読できず、ネットから入手した全文を掲載します。人生の最後の瞬間に、自分が置かれた状況や気持ちをこのように冷静に記録できるものだろうか。

 

We had fuel to make two cups of tea apiece and bare food for two days on the 20th. Every day we have been ready to start for our depot 11 miles away, but outside the door of the tent it remains a scene of whirling drift. I do not think we can hope for any better things now. We shall stick it out to the end, but we are getting weaker, of course, and the end cannot be far. It seems a pity, but I do not think I can write more -

             R. SCOTT

Last Entry

For God's sake look after our people

 

地球の履歴書


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode