Entry: main  << >>
アーモンドと初対面

 

町内のIさんから庭で採れたアーモンドの実をいただき、種子を取り出してみたら梅の種子そっくりでした。ネットによれば次のようなステップで育てることができそうなので、来春以降が楽しみです。

 

1. 種子は風通しの良い日陰で乾燥させ、袋に入れて冷蔵庫で保管。
  3月頃が種まきの時期。植える前に一晩水につけると発芽率が高まる。

2. 鉢やプランターでの栽培がお勧め。鉢の場合、1粒植えで6号鉢以上。
  赤玉小粒7、鹿沼土3を混ぜ、3〜4cmの深さに植え、たっぷりと水を

  与える。

3. 1.5〜2か月で発芽。雨が多いと根腐れするので鉢は軒下へ。

  直射日光で日焼けするので、夏の間、半日は日陰へ。

  発芽したら果樹用の有機肥料(化学肥料は肥料焼けの可能性あり)を

  入れる。水のやり過ぎに注意(土の表面が乾いたら水やり)。

4. 2〜3年で植え替え。同じ鉢の場合は根の1/3程度を切り詰める。

5. 50cm〜1mほどに育ったら主幹の先端を切り落とす。

  幹から横枝を出させることが花をたくさんつかせるコツで、枝全体に

  日光が当たるように枝を剪定する。

 

アーモンドの種子


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode