Entry: main  << >>
宇宙エレベーター

 

佐藤実さんによる「宇宙エレベーター」とは、地上36,000kmの静止軌道上に設置された静止軌道ステーションを貫く地球から宇宙空間に10万kmほど伸びたケーブルに沿ってクライマと呼ばれる運搬機械が上下することで、地球から宇宙へ、宇宙から地球へ人や物資を運ぼうというエレベータ(軌道エレベータとも)についての入門書です。

 

静止軌道ステーション手前のケーブルには地球との間の引力の方が、以遠のケーブルには遠心力の方が強く働くために全体としてバランスがとれていて、ケーブルは地球に落ちてこないということなのですが、実現に向けた課題は長さ10万kmもの丈夫なケーブル(ケーブルにはたらく引力と遠心力の総和がゼロとなる長さを積分で求めると14万2000kmとなるものの、ケーブルの先端に「おもり」をつけることで10万kmに縮めようとのアイデア)に使う材料がまだ手に入らないということで、これからの数十年での実現は難しそうです。

 

宇宙エレベータ


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode