Entry: main  << >>
集塵機リモートスイッチ

大型集塵機のスイッチの開閉を、接続された木工機械側で行うための「リモート・スイッチ」を制作中との報を受け、久しぶりに寺家木工舎に出かけてきました。

システムは大きく2つの部分、各木工機械の集塵ダクト用シャッターに取り付けるリモート・スイッチと、リモート・スイッチからの信号を受けて集塵機電源を開閉する電磁リレイが収められた大箱で構成され、写真は前者。少々分かりにくいですが、大型バンドソーの下に取り付けられたシャッター(黒いプラスチック部分)に手製スイッチを付けたところで、シャッターの開け閉めで四角い木の棒が前後し、その横の箱に取り付けられたマイクロ・スイッチが開閉するという仕掛け。

リモート・スイッチから集塵機横の大箱までそれぞれ配線すると狭い作業場が電線だらけになってしまうため、スイッチを鎖のように直列につないで信号を集塵機横の大箱に流すのがミソ。そのためには他の木工機械からの信号を自分の回路で拾わないようここにダイオードが必要だ、といった説明を回路図を見ながらしてもらったのですが、十分には理解できませんでした。電気は難しい。

さて、木遊びでどうするか。木遊びには大型集塵機1台と台車に乗せた小型集塵機2台があるのですが、使ったり使わなかったりで、自動鉋の筐体が鉋屑で一杯になることも時々あるし、ベルト・サンダーを集塵機無しで使うものだから周囲に削りカスがうっすらと積もっていることが多かったり、寺家木工舎のようなシステム導入前に、集塵機の台数・仕様の見直しとメンバーへの注意喚起が必要だと感じました。

リモートスイッチ

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode