Entry: main  << >>
【動画】青春18きっぷで春の津軽海峡線、改め北海道&東日本パスで春の津軽海峡線 (11) 新十津川駅へ

1935年に全通した札沼(さっしょう)線は札幌の隣、桑園(そうえん)駅と留萌本線の石狩沼田駅を結んでいましたが、太平洋戦争中に不要不急線として石狩当別以遠が休止、道路に転用され、戦後1956年に全線で運行を再会したものの、新十津川駅から石狩沼田駅までの区間は1972年に廃線となりました。

札幌寄りの桑園と北海道医療大学間では20分おき程度に電車が運行されているのに対して、非電化の北海道医療大学と新十津川間(47.6km)は上り下りが1日各3本、輸送密度が18人km(2014年度)と低いことから廃線の噂が絶えません。

駅の先の廃線跡に建物が建っているなど時間の流れを感じるものの、駅そのものは他のローカル線の駅と同じ印象。駅近くの役場前からバスに乗れば10分程度で函館本線の滝川駅に到着するような位置にあるため、廃線となれば寂しいでしょうが、地元住民からすれば大きな問題にはならないと思います。



(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:01 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
【追伸】2016年3月26日のダイヤ改正で新十津川駅発着の列車は1日あたり何と1本となりました。
・午前7時45分石狩当別発、9時28分新十津川着
・午前9時40分新十津川発、11時3分石狩当別着
ということは新十津川に列車が停まっている時間は1日あたり12分間となりますね。
Posted by: すうさん |at: 2016/03/28 11:12 AM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode