Entry: main  << >>
深夜特急 5 トルコ・ギリシャ・地中海

第四巻 シルクロードに続いては第五巻のトルコ・ギリシャ・地中海。沢木さんもトルコ東部の都市エルズルムからバスに乗って黒海に面する港町トラブゾンへ向かったのですが、山越えで経験したのは小生と同じく急な天候の変化で、『谷あいの道に入ると、山の向こうに雲が見えてきた。実に何十日かぶりの雲だった。(中略)さらに走ると、やがて雨が降り出してきた。』(P.41)とあります。雲や雨に感激するということは、人生でそうあるものではありません。

続いてトラブゾンから船で西に行こうとした沢木さんは、日曜日に街の老人から「明日の夜に出るらしい」と聞いて翌日船会社に行くと「次の船は金曜日」と言われ、「(老人の説明は)どうやら出まかせだったらしい」と書いていますが、小生が1972年に乗船したのは月曜の船でした。ということは老人の記憶は正しかったものの、小生と沢木さんの旅の間の2年間に月曜の便が廃止されたということなんでしょうね。因みにバスとの競争に負けたためなのか、2011年時点でトラブゾンからイスタンブールへの船便はありませんでした。

さて、この第五巻で見つけたのは『旅がもし本当に人生に似ているものなら、旅には旅の生涯というものがあるかもしれない。』(P.198)という見立て。続いて『人の一生に幼年期があり、少年期があり、青年期があり、壮年期があり、老年期があるように、長い旅にもそれに似た移り変わりがあるのかもしれない。私の旅はたぶん青年期を終わりつつあるのだ。』とあり、小生若かりしころの257日間の旅でも同じような思いを抱いたものです。これらの「期」は勿論時間の経過とともに遷移するのですが、例えば日本人にとってのシルクロードのような「放っておいても物事が起こってしまう場所」においては、この遷移に必要な時間がゆっくりと進むという、つまり中々年をとらないという不思議な現象に出会うのです。そんな時間をいずれまた経験してみたいですね。

第五巻

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode