Entry: main  << >>
深夜特急 4 シルクロード

ネットで沢木耕太郎さんの「深夜特急」を見つけ、文庫版全6巻の内、小生の1972年の旅で最も印象に残ったシルクロードの国々が描かれているであろう「第4巻シルクロード」を先ずは取り寄せました。

1947年11月生まれの沢木さんがこの旅に出たのは1974年、26歳の時のようですが、第1巻を読めば、日本を発ったのは1973年だったと書いてあるかもしれません。23歳で同じようなルートを旅した小生にとって自分の旅を思い出すことができる次のような懐かしい内容ばかりでした。

【移動手段】小生の場合、アフガニスタンの首都カブールからイスタンブールまでバス、列車、船、タクシーといろいろ体験しましたが、沢木さんの長距離移動は全てバス。カブールからイランまでの行程で沢木さんはカブール7時発のバスに乗ってカンダハルで1泊し翌日イラン国境近くの街ヘラートまで移動していますが(P.81)、小生は6時カブール発23時半ヘラート着のバスで一気に移動しました。

【ドーミトリー】ベッドが何台か置いてあるだけのドーミトリーなる部屋が貧乏旅行者用に用意されていて、小生の場合も、アフガニスタン、イラン、トルコでの宿泊は全てこのドーミトリー。現地で探すことになるので当然予約無し。安いし、仲間を見つけられといったありがたい場所で、中には床にペルシャ絨毯を敷いただけの1泊5アフガニー(20円)のドーミトリーなどもあります。

【為替レート】小生が旅行した1972年には$1、308円が80アフガニー前後だったので1アフガニーが約4円でしたが、沢木さんの1974年には「4人部屋で20アフガニ、約120円(P.60)」とあるように6円となっていたようです。

深夜特急4

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode