Entry: main  << >>
山桜の丸太

3日前に家内の友人宅で出会った造園業のNさんから「山桜の丸太はいらないか」と電話があり、早速届けていただきました。2本の幹が一緒になったような形をしていて中には杢もありそうで、器に挽いた時の美しさが目に浮かぶようです。とは言え、どのようにして乾燥させるのか、挽くタイミングはいつごろか、器作りの技術そのものを知りたい、などなど勉強することも多く、新しい課題を前にワクワクしています。

Nさんと家でお茶を飲みながら少し話したところ、先ずは丸太切りのためのチェイン・ソーを手に入れて、多摩川の河原に出かけてチェイン・ソーの使い方や手入れの仕方をNさんに教えていただくことになり、高齢者の挑戦が一つ増えました。

12月に入ったら庭のケヤキと柿の木を材料に剪定教室をひらいていただくことも決まり、楽しい一日になりそうです。素晴らしい出会いがこんな風に訪れるとはね。

山桜

(この他の記事はこちらから検索できます)
| すうさん | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode