Entry: main  << >>
器2013 (1) 方向性はこれかな


今年こそデザイン・フェスタなどで展示する作品の幅を広げようといろいろ考えていますが、「小さな家」や「小さな列車」を超えるものをなかなか発想できず、やっとたどり着いたのが、この細長い器。手前のウォールナット製は長さ38cm、幅8cm。

3年ほど前、器を作り始めた時に生まれた形で、「何に使えるの」と質問されるようなサイズですが、もう一度作って見ようと寺家木工舎でチェリーとクリの端材を整材してきました。

何を作りたいのか、何が作れるのか、売りたいのか、売れるのか・・・。「結局、お前は何をやりたいのだ」という問いに答えなくては作品として形にならないのですが、小生としては「可愛さ」が作品となるかならないかの基準なんです。

細長い器

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode