Page: 1/11   >>
植木鉢塗装と花名板

 

最近は新型コロナの影響で家にいることが多くなり、今回は家内から頼まれて植木鉢の再塗装と花名板作り。花名部分に色をつけるかどうか迷いましたが、トリマーで彫った溝には着色せず、上から耐候性塗料のSikkensを塗ったところ渋い感じに仕上がりました。

 

植木鉢を塗装

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
ルバーブ・ジャム

 

路地奥に生えているルバーブの葉が大きくなったので収穫し、家内が孫娘のすずちゃん(5歳)と一緒に大瓶1瓶と小瓶3瓶のジャムを作ってくれました。茎は1kg、それに対して砂糖300gとレモンの絞り汁をスプーン5杯加えて、あとは煮るだけ。持参のエプロンをしたすずちゃんは茎を刻む際に包丁で指先を切ってしまったそうで、貴重な体験と勉強になったようです。これで暫くは朝食でルバーム・ジャムを楽しめます。いただきます。

 

ルバーブ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
ケビンの墓標修理 完了

 

腐った部分を切り落とし、底にトリマーで深さ5cmほどの穴をあけ、セランガンバツの角材を挿し、Sikkens(耐候性塗料)を塗って完成。ヒノキが腐って墓標が倒れるまで12年ほどかかったということは、今回腐りにくい材に替えたことで後20年は大丈夫と期待しますが、その頃この墓標の作者はこの世にはいないでしょうね。

 

完成

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |
ケビンの墓標修理

 

小生がこのブログを始めた2008年9月末の4か月前の2008年5月15日に愛犬ケビン(雄のビーグル)が亡くなりました。あれから12年が経とうとしていますが、わが家の会話に未だに登場するくらい愛嬌のある話題豊富な犬でした。

 

そんなケビンの墓標が腐って倒れてしまったものの、地上部分はまだしっかりしているので、腐った部分を切り落としセランガンバツの棒を支柱にしてみます。それにしても雨ざらしの中で12年、ヒノキの丈夫さには驚きます。

 

ケビンの墓標

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
クンシラン2020

 

昨年後半のバタバタで室内に入れ忘れたため心配していましたが、今年も例年同様の時期に満開となりました。葉焼けを防ぐには夏の間は半日陰への移動が必要とも言われますが、現在置いてある場所は大きなケヤキとカキの木陰で朝から日光が遮られ、午後は建物の陰になるので、場所としては最高かもしれません。

 

クンシラン

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
ドウダンツツジ2019

 

敷地の北側と西側にはドウダンツツジが植えてありましたが、手入れが大変ということで、北西角の1本だけを残して数年前に全て切ってしまい、その1本が、お隣の庭の紅葉と一緒に今年も紅葉しました。10数年前だったか、敷地の周囲に手作りしたWRC(レッドシダー)のフェンスが大分傷んできましたが、現在の気力と体力ではフェンス交換まで手が回りません。ドウダンツツジと同じように人生の年の瀬を迎えた気分です。

 

ドウダンツツジ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
落ち葉掃き2019

 

大きなケヤキとカキの落ち葉が一晩で狭い庭を埋め尽くします。木遊びで出た大鋸屑や端材を45Lゴミ袋に敷き詰め、その上に落ち葉を乗せるのがわが家のゴミ出し作法で、この日は庭から3袋、前の路地から2袋の合計5袋。掃き集めた落ち葉はあきちゃんの寝床でもあります。

 

落ち葉掃き

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柿2019 収穫完了

 

今年の柿は予想どおり惨憺たる状況で、収穫総数は43個、カラスなどにつつかれたもの7個(もっとあったでしょう)。3年前は300個一昨年は200個昨年は100個と原因不明の大幅減少中です。肥料はそれなりにあげているのですが。トホホ。

 

収穫完了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柿2019 初収穫

 

春からいろいろあった庭の柿の木からの初収穫がこれ。今年は全部で40個ほどと極端に不作で、実も例年と比べ小さいように感じます。温州ミカンと同じく手入れ不足と思うので、収穫が終わったら根の周囲に敷いてあるグレーティングを取り外してお礼肥えとしましょう。

 

初収穫

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
温州ミカン2019

 

温州ミカンは今年も不作。元肥と追肥もしたのですが、結果数は少なく、落果が多く、残ったのは5個だけ。その内2個を収穫しましたが、固くて水気少なし。家内の友人から最近いただいたミカンは柔らかく、ジューシー。わが家と何が違うのかを研究して、この冬こそ手を打ちましょう。

 

収穫

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蝉の抜け殻

 

居間の南側の日除けとなるヒョウタンの葉に蝉の抜け殻を見つけました。声から判断して、今ごろの蝉の多くはアブラゼミ、続いてミンミンゼミ、クマゼミは少々の構成なので、アブラゼミの可能性高し。

 

あるサイトでは「アブラゼミの触角は太く、根もとから第3節が第2節の1.5倍の長さがあり、ミンミンゼミは触角が細く、第2節と第3節の長がほぼ同じ」とありましたが、この抜け殻には触覚が残っておらず判別不能。他のサイトでは「アブラゼミの方が頭部が毛深い」とあり、毛の跡が抜け殻に多かったので、多分アブラゼミなんでしょう。抜け殻を見つけたら、次回こそは第2節と第3節を観察してみます。

 

蝉の抜け殻

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柿2019 落果が多いような

 

今年の柿の話題、春先の天ぷら事件に続くのは「落果」。既に数十個は落ちてしまったと思われ、今年の収穫は期待薄です。落果原因を調べたところ次のことが分かったので、特に最後の項について初冬の剪定時に注意します。植物もそれぞれに難しい。

 

1. 梅雨時の日照不足:今年はこれが該当したのかもしれない。

2. 土壌水分(過湿や過乾燥):わが家の土地柄として過乾燥にはならない。

3. 生理落果:不受精による結実不良による落果。ヘタと実が一緒に落ちるのが特徴。

4. 虫による落果:カキミガの幼虫などによる落果でヘタを残して実が落ちるのが特徴。

  今回はこの形。殺虫剤や殺菌剤の散布が必要だそうだが、下にあきちゃんがいるので

  無理か。

5. 樹体の管理:新梢の間引きが必要で、特に枝垂れ枝は衰弱し結実しなくなる。

 

落果

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クンシラン満開

 

新しい鉢へ植え替え、鶏糞を追肥して3週間、クンシランの花が満開です。昨冬、屋外に置きっぱなしにしたために葉先が枯れ、開花も心配だったのですが、杞憂に終わりました。夏の間は遮光しないと葉焼けを起こすとネットにありましたので、花が終わったら半日陰へ移動、寒くなったら室内へと、クンシラン君は案外手がかかります。

 

クンシラン満開

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柿2019 新芽と花芽

 

柿の新芽を摘んだので天ぷらにしたらと弟が持ってきてくれた枝先に花芽がいくつかついていました。昨年も同じように新芽を摘んで食べたそうで、2018年の収穫が111個と2017年の185個、2016年の315個から減ってきたのは、天ぷらにし始めたことが原因かもしれません。こうなると今年も100個程度でしょうか。

 

柿の新芽


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クンシラン2019

 

2013年5月に作った植木鉢が割れてしまったクンシラン、屋外で冬を過ごしたために葉が寒さにやらてしまいましたが、最近の暖かさで花径がグングン伸びています。垣根下の草むしりのついでに、クンシラン、クリスマス・ローズ、ジャンボ・レモン、山椒の植替え、施肥と水遣り。地植えの草花はあきちゃんのお蔭で散々なので、鉢植えだけが楽しみです。

 

クンシラン


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode