Page: 1/33   >>
COVID-19点描 (15) 行動変容2020

 

COVID-19の感染拡大を防ぐために、手洗い、マスク、三密回避を中心とする「行動変容」が求められていて、小生の場合は格安切符による列車旅も自粛中です。加えて7月からレジ袋が有料化されるとのことで、今後は折り畳み可能な買い物袋をポケットに忍ばせて外出することが「行動変更」に加わります。でも慣れればそれほど大変ではなさそう。

 

レジ袋有料化

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (14) 抗体保有率0.1% ?

 

16日の厚労省発表で「東京都で約2000人の抗体検査をしたところ0.1%(2人)に陽性反応が見られた」と。人口の60%に抗体ができないと集団免疫を獲得できないので感染は拡大すると理解していてましたが、現時点で0.1%は少なすぎる感じです。

 

4月上旬には、COVID-19ウィルスのタイプはA型(コウモリで発見された元のウィルス)、B型(武漢で支配的だったウィルス)、C型(欧州で拡散したウィルス)に分類されるとの研究成果が発表され、5月に入ると、感染力や毒性の異なる3つの型のウィルス(S型、K型、G型)の拡散時期が重症化に影響し、日本ではすでにCOVID-19ウィルスに対する集団免疫が確立されているという仮説が発表されました。

 

そんな中、田中宇さんのメルマガに以下のとおり面白い記事「新型コロナはふつうの風邪の一種?」を見つけました(分かりやすいように一部を変えました)。要すれば、COVID-19ウィルスが体内に入ったものの、既存の免疫で撃退し感染しなかった人が大勢いて、日本など多くの国で集団免疫は獲得されているかもしれない、ということ。

 

そもそも、ウイルスにはどんな種類があるのか、各ウィルスからどんな抗体が作られるのか、様々な抗体を見つけ出せる検査方法は存在するのか、抗体の存在期間によっては検査前に消えてしまっている可能性があるかもしれないなど、抗体に係わる疑問はいろいろあります。事実をあぶり出して有効なワクチンを開発するための更なる調査研究が俟たれます。

 

■COVID-19との関係について人々を区分すると以下の5つで、注目すべきは(B)。

 (A) まだウィルスが体内に入ったことがない人

 (B) ウィルスが体内に入ったが既存の免疫で撃退し感染しなかった人

 (C) ウィルスが体内に入り感染したが無症状のままの人、その後治癒した人

 (D) ウィルスに感染し発症したが軽度な人と、その後治癒した人

 (E) 感染発症し重症化した人、その後治癒した人、死亡した人

 

■最近の米国とスイスの研究によれば、(B)の人はかなり多く、人類の半分もしくはもっといる。抗体保有率の異様な低さや、BCGの効果などを考えると、日本などいくつかの国々では、人々の90〜99%がこの区分に入るかもしれない。

 

■(B)の区分の人々は、抗体検査やPCR検査で見分けられない。従来の考えで(B)は、これから感染する(A)だと思われていた人だ。だが実際には、(A)の人々はこれから感染しうるが、(B)の人はもう感染しない。次にウィルスが体内に入ってきても、既存の免疫力で再び簡単に撃退できる。COVID-19専用の抗体がなくても再感染しない。人々の大半が(B)であるなら、(A)の人々の大半も、これからウィルスが体内に入ってきた時に簡単に撃退し(B)に仲間入りする。

 

■雑駁な推測になるが、日本など多くの国は現時点で、総人口のうち、(A)が10〜20%、(B)が50〜70%、(C)が10〜20%、(D)が5%以下、(E)が1%未満でないか。(B)から(E)の合計が60〜80%になると集団免疫なので、日本など多くの国は、すでに集団免疫になっている。

 

■ワクチンの必要性も大幅に低下する。ワクチンが必要なのは(A)の人々のうち、将来(E)に入るかもしれない人だが、そのような人はとても少ない。そもそも(E)の死亡者のほとんどは主な死因がCOVID-19でなく別の既存の持病であり、COVID-19危機が起きなくても近々死ぬ人だった。

 

新型コロナアプリ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (13) グランド・デザイナ求む

 

日経新聞2020年6月6日付朝刊1面トップ記事「IT競争力 コロナが試す」によれば、IMD(国際経営開発研究所、スイス)発表の日本のデジタル競争力は世界で23番目と「データ貧困国「と呼ぶ状態であり、COVID-19対策においても収集するデータの一覧性や幅広さに大きな課題があり、有効な対策立案の障害になっているとのこと。具体的には、集計項目もデータ形式も都道府県任せの状態が混乱を招いているそうで、地方自治体内部、国と地方自治体間、および省庁をまたがる統合的IT戦略を立案、実行する態勢ができていないということでしょう。

 

更に同紙6月9日付朝刊1面トップの「検証コロナ 危うい統治」で、2009年の新型インフルエンザで得た教訓が全く活かされていないとの指摘がありました。厚労省が2010年にまとめた報告書には、危機管理の専門体制整備、PCRを含む検査体制強化、国民広報を扱う組織の新設、臨時休校のあり方の検討、ワクチン生産体制の強化などの反省点が列挙されていたそうで、「11年前の教訓は放置されてきた」という日経の指摘は正しいんでしょう。

 

併せこの記事では、「変わらない行動の背景には内向きな組織の姿が浮かぶ」、「文科省管轄の大学病院を検査等で利用することに厚労省は及び腰だったという組織防衛優先の意識」、「失敗を認めれば自らに責任が及びかねないという組織としての強烈な防衛本能」、「前例や既存のルールにしがみつき目の前の現実に対処しない」などと官僚機構の抱える課題を指摘しています。

 

10万円の給付金の案内が未だに届かないという木遊びメンバーもいるし、マイナンバー・カードを使った申請が上手く行かないという話も聞くし、いつの間になくなった総務省の住基カードとその後現れたマイナンバー・カード、運輸省の運転免許証、厚労省の健康保険証やお薬手帳などを、ITを駆使してもっと使いやすいものに設計し直すために、強大な権限を持った「グランド・デザイナー」が求められます。

 

給付金

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (12) 古着リサイクル

 

近くのゴミ集積場に「COVID-19の影響により古布の収集は中止」と掲示されています。CODID-19の影響とは何か分からずにいましたが、日経新聞夕刊に「古着リサイクル滞る」という記事を見つけました。

 

それによると、外出自粛を受け、また衣替えの時期と重なったことにより古着の整理が進んだことと、古着の75%の輸出先であるマレーシアやフィリピンでの受入れ停止が続いていることが理由だそうで、そうなるとこの古着回収停止は長引きそうです。

 

古着

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (11) 小麦粉やーい

 

わが家では略毎日パン焼き機が大活躍していますが、生活クラブで購入している食パン用の全粒粉と強力粉の欠品が続いていて、家内からオーケーで買ってくるよう頼まれたものの、強力粉と全粒粉は全て売切れ。

 

たまたま見つけた東洋経済ONLINEの5月8日付の記事に、市場調査会社インテージが公表した4月13日から19日までの売上金額の前年同期比の増減率を示す以下の表が掲載されていました。お菓子作りに欠かせないバニラエッセンスなどのエッセンス類が2位(251.9%)、ホットケーキミックスや唐揚げ粉などのプレミックス製品が3位(245.5%)、小麦粉が6位(210.8%)、ホイップクリームが7位(205.6%)とランキング上位に顔をそろえたのは、子どもが家にいることで必要量が激増し、なおかつ店頭で買える品目との分析。

 

外出自粛の結果、多くの家庭でパンやピザを作るようになったことが理由ですが、人々のちょっとした「行動変容」によって食材の生産量、輸入量、消費量、在庫量の微妙なバランスは簡単に崩れてしまうということが分かりました。

前年同期比

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (10) 集団免疫閾値

 

人々の60%がCOVID-19に感染し免疫を獲得できれば感染拡大を阻止できるといった話がネット上を飛び交っていますが、この60%がどうやって計算されたのかについて暇つぶししてみました。

 

先ず、一人の感染者が何人に感染させるかという「基本再生産数(Basic Reproduction Number、R0)」なる数字が存在し、1を超えれば感染は拡大し、1未満なら感染は減少するというもので、COVID-19の基本再生産数はWHO公表のものが1.4〜2.5人(諸説あるようです)。感染者数が増えもしないし減りもしない状態を作るために必要な感染者の割合をSとすると以下の式1が成り立つ。

 

R0 x S = 1 ・・・ 式1

 

そこで、感染する人(S)は免疫を持たず、感染しない人(q)は免疫を持つとすると次の式が成り立つ。

 

S + q  = 1 ・・・ 式2

 

式1と式2から次の式が求められ、このqを集団免疫閾値(Herd Immunity Threshold、HIT)と呼び、R0が2.5人の時にqは0.6(60%)となる。

 

q = 1 - 1/R0 ・・・式3

 

さて、ここからが本題で、人々の60%が感染しないと感染拡大を阻止できないのだろうか、どうもそうではなさそうだということについて。

 

ウイルスに対する防御は自然免疫と獲得免疫の2段構え。自然免疫とは生まれつき持っている免疫で、血液中のマクロファージ(白血球の一つ)、好中球(白血球の一つ)、NK細胞(リンパ球の一つ)が抗原(細菌やウィルス)を攻撃し退治すること。獲得免疫とは抗原に対してヘルパーT細胞(リンパ球の一つ)の命令を受けたB細胞(リンパ球の一つ)が抗体を作り抗原を撃破し、その時の抗原の情報を記憶し再侵入に備えること。ただし、感染しても免疫が確立しない場合や免疫がすぐに弱くなってしまう場合があり、そうなると有効なワクチン開発は難しくなるし、感染拡大が収まらない可能性も出てくる。

 

自然免疫が上手く働けば、自然免疫だけで抗原を排除できる可能性があり、また最近の研究では自然免疫はさまざまな刺激によって訓練され、強化されることが分かったそうだ。例えば、結核ワクチンであるBCGは結核菌に対する免疫力だけではなく一般的な細菌やウィルスに対する反応能力を上げることが指摘されていて、COVID-19において日本をはじめとするBCG接種国の感染者や死者数が少ないことは、自然免疫力が高いことが理由かもしれない。

 

武漢市においてもクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」においても感染した人は全体の2割ほどで、その理由は、大きな流行が始まると人は接触制限をするようになったり免疫を獲得したりして再生産数が小さくなる(これを実効再生産数と呼ぶ)。接触制限などによって実効再生産数が1.2まで下がると、上の式3から集団免疫閾値は16.7%となり、これが実際に武漢市やダイヤモンド・プリンセスで起きていたことらしい。

 

東洋経済ONLINEによれば5月26日時点での実効再生産数は以下のグラフのように全国で0.68人であり、これが0となるには時間がかかりそうです。なお、東洋経済ONLINEが使っている式は実効再生産数 = (直近7日間の新規陽性者数 / その前の7日間の新規陽性者数) ^ (平均世代時間 / 報告間隔) 、平均世代時間(感染源の感染から2次感染者の感染までに要する平均時間)を5日、報告間隔は7日としている由。

 

実効再生産数

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

 

| すうさん | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |
地域住民の居場所プロジェクト (20) 5月もオンラインスナック

 

4月に続いて5月もオンライン開催となったスナックMeets、前回のLINE改めSkypeを使って5名が集まり、小生は焼酎のロックを啜りながらの参戦でした。今回のお題は「最近読んで印象に残った本」で、皆の発表を聞きながら、本から遠ざかっていることを再認識。たまに読む本といえば、鉄道、地球や宇宙の歴史といったオタク系で、とても皆の前で話す気にはなれず、仕方なく最近の木工作品を紹介。

 

2時間があっという間に過ぎて、次回の6月末は和酒バル「醇」に集まれる人とオンライン参加する人とのハイブリッド形式で開催する方向となりましたが、その前に「醇」に行ってみようということで、非常事態宣言解除祝賀飲み会となりそうです。三密、三密。

 

オンライン・スナック

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (9) 非常事態宣言解除の目安

 

5月14日以降多くの府県で非常事態宣言が解除されてきましたが、残念ながら神奈川県は未だ対象外。5月22日付日経新聞朝刊に掲載された以下グラフのように、解除されるのは「直近1週間の人口10万人あたりの感染者数が0.5人以下の地域」とのことで、北海道と首都圏での解除判断にはもう暫く時間がかかりそう。

 

さて、全国1位となった神奈川県の21日時点での数字0.87をネットで拾い集めた数字で計算してみました。

 

1. 5月21日の新規感染者数は13人、20日は18人、19日は8人、18日は25人、

  17日と16日は0人、15日は15人、以上合計79人。

2. これを神奈川県の人口約919万人で割ると10万人あたり0.86人(日経新聞

  掲載の数字とは0.01人違いますが)。

 

神奈川県のHP掲載の「新規陽性患者数(医療・福祉施設におけるクラスターを除く過去1週間の平均)」という情報によれば、数字は次のとおり。

 

1. 5月21日の新規感染者数(1週間移動平均)は7人、20日は8.14人、

  19日は6.86人、18日は6.57人、17日は5.86人、16日は6.57人、

  15日は6.71人、以上合計47.71人。

2. これを神奈川県の人口約919万人で割ると10万人あたり0.52人。

 

ということは、医療・福祉施設内での感染者を除けば非常事態宣言解除の目安である0.5人にかなり近いということ。神奈川県の場合、病院のCOVID-19対応能力・余力はあると聞いていたし、施設内の場合は感染防護具を十分に手当てすることや感染防止手順を改めて徹底することにより拡大をコントロールしやすいと思われることから、医療・福祉施設以外の数字、即ち上記の0.52人も解除判断の参考にして欲しいところ。いずれにしても、もう一息の辛抱です。

 

神奈川県

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (8) 2週間後の新規感染者数

 

外出自粛中ということでネットに触れる機会は多くなり、百年コンサルティング代表の鈴木貴博さんが「2週間後の新規感染者数」について記した DIAMOND online の記事について。経営戦略コンサルタントの鈴木さんが提示するのは以下の式で、基本再生産数とは「1人の感染者が何人に感染させるのかという数字で、COVID-19のそれは1.4〜2.5人とWHOが発表」とのこと。

 

なお、再生産数には「基本再生産数」とは別に、感染防止策をとった後の再生産数である「実効再生産数」というものがあって、鈴木さんの記事の「基本再生産数」は「実効再生産数」と読み替えた方が正しかろうと考え手直ししてあります。

 

2週間後の新規感染者数 = 現在の感染者数 x (実効再生産数 x (1-自粛率)) 

 

実効再生産数を1.7とし過去に遡って検算したところ見事に実数に近い結果が得られたそうで、式からはそんな臭いも感じられます。ただし、実効再生産数は季節によって変わる(夏は小さくなるといった)ことも考えられるので、少し暖かくなったGW以降については1.2として再計算すると現実の数字に近づいたと。素晴らしい。

 

ではこれからどうなるのか。「実効再生産数を1.0とすると緊急事態宣言解除の6月上旬には1日あたりの新規感染者数は(全国で)十数人まで下がる」との嬉しい結果となるそうで、鈴木さんの予測が当たるのか外れるのか、今から楽しみです(新規感染者数を表した下のグラフでは4月11日の720人に対して5月20日は37人まで下がってきており、もう一息の感じ)。

 

新規感染者数

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
皿に穴あけ

 

皿を三段重ねた菓子用のスタンドを作りたいので皿に穴をあけて欲しいとの依頼が地域の女性からあり、ダイヤモンド・ホールソーなるビットを手に入れて使ってみたところ、あっという間に穴あけ完了(写真は割れた皿での試し穴あけ)。急いで取り寄せる必要があったため、国内販社に注文したところ外径6mmのビット1本409円に対して送料690円。中国からなら時間はかかるものの12本セットが送料込1500円で買えるのに。

 

皿に穴あけ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (7) アベノマスク到着

 

世の中で笑い話のネタとなり果てている例のアベノマスクが届きました(写真下)。厚労省のHPによれば「大きさは縦9.5cm、横13.5cmの市販品の大人用のものであり、口と鼻を覆うために十分な大きさ」だそうですが、同省PDF資料「新型インフルエンザ流行時の日常生活におけるマスク使用の考え方」では「ガーゼマスクのフィルターの性能は環境中の飛沫を捕捉するには十分な効果が得られない」とも書いてあり、何故布製マスクなのか大いに疑問。

 

写真上の不織布マスク(プリーツ型)は横幅は少々大きく17.5cmで、縦方向に引き伸ばせば15cmほどにもなり口と鼻を広く覆うことができます。国会討論などで見かけるマスクの中で首相以外は不織布マスクなのは、布製マスクが感染防止に役立ちにくいことを理解しているからでしょう。小生としても、このアベノマスクは格好悪いので使わないでしょうね。

 

アベノマスク

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:35 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (6) 野菜販売は当面難しいか

 

毎月第三金曜日の午前中、町会会館で開催される「カフェすみれ」の玄関先で地域の野菜を販売していて、重い野菜を近くで買えると固定客も増えてきたものの、3月、4月とCOVID-19により中止。5月も中止と決まりましたが、そのチラシには5月の文字は無く、6月以降も開催できそうもないというカフェ主催者の気持ちが伝わってきます。

 

開催中止

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (5) ピークは複数回

 

略100年前の1918年(大正7年)から1921年(大正10年)にかけて猛威を振るったのがスペイン風邪と呼ばれたA型インフルエンザ(H1N1亜型)。2005年の東京都健康安全研究センター年報に掲載の論文「日本におけるスペインかぜの精密分析」によれば、スペイン風邪による国内での死者数のピークは大きなものが1918年11月と1920年1月の2回で(同論文掲載の以下図ご参照)、国内では合計40万人近く、全世界では1700万人から5000万人が亡くなったそうです。

 

Wikipediaによれば「インフルエンザ・ワクチンの実験的接種は1930年代に始まり、1943年にはA型インフルエンザ・ウイルスについて、1945年にはB型インフルエンザ・ウイルスについて本格的に接種が開始された」とのことなので、ワクチンも治療薬も持たずに集団免疫でスペイン風邪を乗り切ったんでしょう。COVID-19による死者のピークは何回か訪れるかもしれないし、人類はCOVID-19を如何に克服していくのだろうか。

 

スペイン風邪

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
COVID-19点描 (4) 人との接触を8割減らす10のポイント

 

政府が発表した「人との接触を8割減らす10のポイント」について神戸大学教授は「あんなのは複雑で覚えられません。単純に「外出はダメ」、そして、どうしても外出が必要な人――警察官や医者、看護師、救急隊員など――は、「人と2メートル以上距離を空ける」。ロックダウンに必要なのは、この2つだけで、非常にシンプルです」とコメント。御意、単純で分かりやすい。

 

この政府発表を見ると政府の課題整理能力の欠如を感じてしまいます。先ず、列挙された10のポイントがバラバラだし、「人と2メートル離れる」は抜けているし。次のような整理の方が分かりやすいと思います。

 

1.できるだけ外出しないために

  ・待てる買物は通販で(4)

  ・仕事は在宅勤務(9)

  ・飲食は宅配も(8)

  ・飲み会はオンラインで(5)

  ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用(7)

  ・診療は遠隔診療、定期検診は間隔を調整(6)

  ・ビデオ通話でオンライン帰省(1)

 

2.外出せざるを得ないときには

  ・会話はマスクをつけて(10)

  ・人と2メートル離れる(未掲載)

  ・スーパーは1人または少人数ですいている時間に(2)

  ・飲食は持ち帰り(8)

  ・ジョギングは少人数で、公園はすいた時間、場所を選ぶ(3)

 

接触機会を減らす

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
地域住民の居場所プロジェクト (19) 4月はオンラインスナック

 

新型コロナの影響で中止とした3月に続いて4月も開催自粛ということで、最近流行りのオンライン・スナックを試すこととしました。使うツールは当初ZOOMを考えていたものの「ZOOM Bombing」という第三者からの面白半分の攻撃が頻発しているようで、直前になってLINEに切り替え。

 

6名が夫々におつまみと飲み物を準備して開宴しましたが、スマホの画面は小さく参加者全員の顔を同時に見ることはできないし、Wi-Fiルーターから離れた場所では画質と音質はもう一息だし、スナックには「三密」が大切であることが分かりました。5月もオンライン開催となりそうで、これからツールの選択とテストを進めます。

 

Online Snack

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode