Page: 1/15   >>
家内が入院 (20) 寛解

 

1週間前に受けた血液検査とPET検査の結果を聞きに市民病院に行ってきました。血液検査では大きな問題はなく、時間と共に正常値に戻るであろうとの先生の見立て。またPET検査の映像にも怪しい影は見えず、先生から「寛解」の言葉をいただき、昨年6月末からの病気との闘いを、多くの友人たちにも支えられ、ひとまず無事に乗り越えたといったところです。

 

再発の早期発見のための定期的な血液検査とPET検査は欠かせず、次回血液検査は4月末、PET検査は7月と決まりました。今後は心身ともに疲れが溜まらないような生活が大切です。

 

皆からの励まし

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
白寿の母

 

2012年1月に父が亡くなり一人住まいとなった母が翌春になって「老人ホームを探して欲しい」と言い出し、2013年6月から「きらり港北」にお世話になって7年が過ぎようとしています。毎週水曜日に小生が土曜日には弟が夕食の介助に出かけていて、いわば老々介護状態。そんな母がこの3月12日に99歳になりました。

 

意識レベルが低い日には眠りながら食事するといった芸当を見せてくれたり、数時間前の入浴のことは忘れていたりしますが、この動画撮影の日は絶好調で、いろいろな質問に答えてくれました。

 

新型コロナウィルスがなければ誕生日祝いに大好きな鰻を食べにいくところですが、暫くは老人ホームから出られません。これからの数か月、世の中はどんな経験をするのだろうか。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | - | pookmark |
20年ぶりの虫歯?

 

冷たいものを飲んだり、リンゴを齧ったりすると歯に痛みが走るようになったので、虫歯となった親知らずを抜き高熱のため3日ほど寝込んで以来20年ぶりの大事件発生かもしれないと、かかりつけの歯医者に出かけたところ、レントゲンでは虫歯は見られないので「知覚過敏」との見立て。退散しようとしたら試供品ながら歯磨きチューブと歯間ブラシをいただきました。

 

加齢に伴う歯肉の退縮で痛みを感じやすい象牙質が露出し、細菌などにより石灰質が溶けて薄くなることが理由と先生に説明いただき、現状を理解できました。神経を興奮させない薬を塗っていただいたので、あとは歯磨きと歯間ブラシを使ったクリーニングを1日2回。例の恐ろしい機械で歯を削られなかったことが救いでした。

 

知覚過敏

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | - | pookmark |
家内が入院 (19) ABCクッキングスタジオへ復帰

 

退院して2週間、ABCクッキングスタジオに出かけたいとのことで横浜駅まで送迎。3時間半かけてできあがったこの苺ミルフィーユ君、翌日の友人とのお茶で活躍したそうな。社会復帰の一歩を踏み出せたようで、結構なことです。

 

苺ミルフィーユ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | - | pookmark |
家内が入院 (18) 治療終了祝賀会

 

娘家族主催の家内治療終了祝賀会が平沼橋の「一軒家会席料理 おかべ」で開催されました。国道1号線から1本入った細い道に佇む小さな一軒家の狭く急な階段を上がった2階が会場で、金屏風やら壁一面に桜を描いたような少々ゴテゴテした部屋でしたが、出てきたのは古希にして初めてといった上品な料理ばかり。ご主人の岡部さんは横浜出身ながら札幌で修業されたそうで、海の幸満載には恐れ入りました。

 

美味しい生ビールに続いて美味しい芋焼酎(麹屋三代)をロックで4杯もいただいたので記憶は定かではないものの、概ね以下のような塩梅。

 

・先付は洋梨のカラスミ巻き、湯葉、モロヘイヤとイクラ、カズノコ、イカ松前漬

・マグロのトロ、タイ、ヒラメの刺身

・地ハマグリのキャビア載せ

・小豆島のハモ(ハンバーグ状)に野菜餡掛け

・岩手短角和牛のステーキと山ワサビ

・有機大根に牡蠣を載せ小鉢

・あん肝

・ウニの醤油漬、イクラ、カニの寿司とお吸物(写真奥に写っている)

・チーズケーキと苺のデザート

 

さて、木工を暇つぶしとする小生としては、陶器の食器に木器も加えたら変化が出るのにと感じた次第。例えば写真の焼酎グラス。樹脂製のようですが、以前作った拭漆の器で飲んだら、麹屋三代ももっと美味しく感じられたかもしれませんし、先付を載せた陶製の皿拭漆の木皿にしたら面白いと思ったので、僭越ながらどこかで岡部さんに木器を提案してみます。

 

おかべ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
家内が入院 (17) 治療8サイクルが無事終了

 

昨年7月の入院で始まった治療、最後となる8回目が無事に終了し退院してきました。3月にPET検査で半年に亘る治療の効果を確認することが決まりましたので、それまで一杯食べて運動して体力の回復に努めてもらいましょう。最近は顔もふっくらし、顔色も良くなってきており、わが家にも春は来てくれると確信しています。

 

治療終了

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | - | pookmark |
【動画】すずちゃん、4歳と8か月

 

4歳3か月の時は前回しだったものが、4歳8か月では後回しに進化。跳ぶたびに右側に移動するのはすずちゃんの特徴のようですが、子供の成長は早い。何十年も縄跳びをしていない小生は、こんなには跳べないだろうなぁ。

 

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | - | pookmark |
家内が入院 (16) 友人宅で一休み

 

友人からお茶に誘われ、家内が作ったリンゴ・ケーキを持参したところ、先方はアップルパイ。加えてふかしたサツマイモを型で抜いたお菓子は黄色と紫色が綺麗でした。

 

7月初めの入院以来、色々な方々に助けられ支えられ、後2回の治療が無事に終わって、来春には助け支える側に移れるのではと期待しています。皆さん、ありがとう。

 

お茶会

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (15) 薬の名前は濁音が多い

 

家内が世話になっている薬の名前には濁音が多く使われていますが、小生が2か月ごとに処方してもらう高血圧と高コレステロール治療薬の名前は次のとおり。「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」という本がありましたが、薬の名前に濁音や半濁音が多いのは何故だろうか。

 

朝:バイアスピリン錠100mg(血の流れを良くする)

  トリクロルメチアジド錠1mg(むくみをとる、血圧を下げる)

夜:バルサルタン錠80mg(血圧を下げる)

  ピタバスタチンCa・OD錠1mg(コレステロールを下げる)

  ドキサゾシン錠1mg(血圧を下げる)

 

薬の山

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (14) 可愛いお見舞い

 

野菜販売でお付き合いがあった農家の若者たちから家内への見舞いとして「となりのトトロ」のメイちゃんをいただき、添えられた手紙に「七国山病院の母さんを待っている気分です」とありました。ありがとう。早く元気になって彼らが作った新鮮野菜の買い出しに出かけたいものです。

 

メイちゃん

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (13) 中間報告会

 

全8回の治療サイクルの半分が終了し体調も大分回復してきたので、お世話になっている近所のお二人とクリームあんみつを食べながらのお茶会。いただいた堂島ロールなどを前に友人と話す家内の活き活きとした顔が印象的でした。後4回の治療が上手く進むことを祈ります。

 

中間報告会

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (12) 中間PET検査

 

治療の3サイクルが終わった時点で念のためにPET(Positron Emission Tomography、陽電子放射断層撮影)検査しましょうということで、4サイクル目が始まる前日に検査を受けたところ、6月末の入院前検査と比べ大幅な改善がみられると医師から説明があり、ホッとしました。この調子で治療が進んで欲しいものです。

 

PET検査

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (11) 炊事と木工の違い

 

家内が入院中の食生活は、朝はいつもの自家製食パンにジャムとチーズと蜂蜜、木遊びでの昼はOKのサンドイッチ、自宅の場合は適当に、夜はカレー、ハヤシ、焼魚、野菜炒め、ラーメンあたりで、副菜などはなく時々味噌汁とお新香といった感じ。

 

この日は病院の帰りに生協に寄って牛肉とサーモンを入手。二日分の材料を揃えることは初めてで、選択肢がハヤシライスか焼魚の2種類に広がりました。勿論、焼肉にしても良い訳です。炊事と木工はいずれも何かを作るという営為であるものの、何が違うのか考えてみました。

 

1. 所要時間: 炊事は1日3回、ほぼ定刻までに終わらせる必要があるが、木工、特に

  高齢者の木工では時間制限なし。

2. 素材: 食材は基本的に時間経過とともに劣化し、腐ってしまうが、材木の場合は

  大きくは変化せず。

3. 進め方: 炊事は1汁3菜とご飯のように複数を同時並行的に調理するが、多くの

  木工の場合、何かを作り終えたら次の作品を作り始めるという逐次型である。

 

買出し

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家内が入院 (10) 3サイクル目卒業

 

3サイクル目の治療を終えて家内が退院しました。今回の入院前に酷かった寝汗は改善したとのことで、一安心。数日後に予定される血液検査とPET検査の結果を待ちます。

 

さて、入院中は配達係として毎夕のように病院へ出かけますが、ステロイド剤の副作用で高血糖の家内には申し訳なくも、夕食前の空腹を紛らわすために院内のファミマで手に入れてデイルームで食べるカフェラテとりんごのデニッシュが通院の楽しみとなっています。ただ、デニッシュはパンの一種なので文句は言えませんが、個人的にはローソンのアップルパイの方が好みです。

 

寺家木工舎時代の鶏唐揚げ弁当、サバ塩焼き弁当、木遊びに移ってからの酢豚弁当、鮭のっけ弁当、最近のサンドイッチと、時代時代にお世話になった食べ物を思い出しますが、その一つにカフェラテとりんごのデニッシュが加わりました。平和だね。

 

これが楽しみ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高砂人形の修理

 

家内の母が作った木目込みの高砂人形がケースの中で後ろに倒れてしまうというので、支えとなる木片を踵の部分に接着して作業完了という簡単木工でした。

 

さて、「高砂人形」なる存在を実は今回初めて知ったのでネットで調べてみると、長寿と夫婦円満の縁起物として結納の一品目だそうで、翁が熊手を持ち媼が箒を持つのは「お前百まで(掃くまで)、わしゃ九十九まで(熊手)」と長寿の願いを表すとのこと。

 

しかしながら、結婚に際して結納の儀式をパスしたり、仲人を立てなかったり、伝統的日本文化に不寛容なる断捨離中の高齢者としては、これだけの空間を占有してまで長寿を願うという風習には馴染めません。

 

高砂人形

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode