Page: 1/62   >>
日除け#2交換プロジェクト (5) 取付け完了

 

台所の日除け#3に続いて階段踊り場の#2も取付け完了。これにて2年がかりの簾改良プロジェクトが無事終了と思いきや、家内から部屋の簾が傷んでみっともないとのクレームがあり、そもそも最初の案件だった小生の部屋の日除けが未完成と、暫くは日除けで楽しめそうです。

 

完了


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日除け#3交換プロジェクト (4) 取付け完了

 

6月の制作開始以来半年が経過しようやく取付けできました。よく見ると左右の日除けの上下が逆であることに気がつきましたが、時すでに遅く、このままとさせていただきます。一番気になるのは、冬には日が入るよう、夏には日を遮るように板の角度を35.5°、板の間隔を5cmとしたこの日除けが果たして日除けとなるのかという点ですが、こればかりは夏まで待たないと判断できませんし、日除けとして機能しなかったとしても、作り直しは考えていません。PERIOD。

 

取付け完了


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まな板各種に木固めエース

 

わが家で使っているプチまな板の木口が暑さが原因なのか黒カビで覆われたことから、対策について思案していましたが、10年ほど前に買ってあった「木固めエース」なる塗料を思い出し、昨年7月頃まとめて作ったまな板各種の木口を今ごろになって塗装しています。後は、木固めエースがカビからまな板を守ってくれることを祈るばかり。

 

木固めエース


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Wood Placemat 2019 (1) 6年ぶりに

 

2013年3月以来中断していた木工、旧名ランチョン・ボードを、改めプレイス・マットとして再開することとしました。庭の作業小屋に桟積みしておいた材を加工して作業スペースを捻りだすための消極的再会で、嫁ぎ先は決まっていません。

 

右側のナラとウォールナットが4枚、左奥のヒノキに草木染と拭漆が4枚、左手前、樹種不明の材が大小10枚。最近、四角い木工は面白くないと感じるので、大きく変形させるかもしれません。どうなることやら。

 

加工再開


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日除け#2交換プロジェクト (4) ようやくSikkens塗装

 

7月以来手つかずでいた日除け#2#3にようやく耐候性塗料Sikkensを塗りました。横浜の良い所は年末年始も晴れの日が多いということで、大雪の地域には申し訳なくも、自宅木工が捗ります。補強用にアルミのアングルを取りつければ完成。

 

Sikkens塗装


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園列車2019 (2) クリスマス・バージョン

 

保育園列車の試作品に色をつけ、サンタ型蝋燭などを貨車に乗せてみたところ、楽しい列車となりました。

 

さて、連結器に見立てた袋ナットとハンガー・ボルト、今回はAliExpressで手に入れましたが、全く問題なし。日本製よりも袋部分の背が高いので、絞めつけた時に割れにくいかもしれません。

 

クリスマス・バージョン


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
皿2016 (3) あっという間に完成

 

注文主に見せたところ案の定「厚すぎる」とのことで、手押し鉋で底を削りましたが、当然のことながら厚さは一定しません。それもまた味の一つと考え、クルミ・オイルを塗り、3年目の終わりにあっという間に完成。左がチーク、右はウォールナットで良い感じに仕上がったと思います。

 

完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園列車2019 (1) 試作

 

知人から、来春息子さんが卒園するにあたり父兄一同で手作りの列車を保育園に寄贈したいので考えてもらえないかと相談があり、電車兼電気機関車と貨車の合計120輌、更には3x6の集成材を使ったレイアウトを作ることが決まりました。

 

120輌ものビッグ・プロジェクトなので細かな細工は諦め、写真のような電車兼電気機関車と貨車を試作。いずれも長さ3.5cm、幅3cmと超小型です。前照灯、尾灯は車体塗装時に子供たちに手書きしてもらうこととし、レイアウトの設計と塗装は2日に分けて子供たちと父兄と一緒に楽しむことにしたので、年が明けたら準備開始します。

 

機関車と貨車


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木彫り講座2018 (4) 続いて草木染

 

スオウと明礬で久しぶりの草木染。今回は見込みだけ染めて拭漆、側面と裏はオイル仕上げのつもりなので、昔懐かしいツートン・カラーの自動車のような色合いの皿になるかもしれません。

 

草木染


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木彫り講座2018 (3) 彫り直し

 

四方反鉋で削った跡をよく見たところ、逆目部分を中心に何か所か気に入らないところがあったので、汗をかきながら丸鑿で彫り直し。鑿跡から9年前の我谷盆を思い出しました。雲のような形が最近のすうさん好みで、見込みだけ拭漆の予定です。

 

彫り直し


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
皿2016 (2) 3年ぶりに作業再開

 

丁度3年前に家内から頼まれた皿、題して「皿2016」には木工旋盤用グルー・チャックまで付けて準備万端だったものの、面白い造形を考えられずに時間ばかりが経過してしまいました。

 

ある朝トイレに起きた時に、先日の木彫り講座で生まれた皿の作り方なら温かみが感じられるものができそうだと閃いたら寝られなくなり、早めに木遊びに向かい、グルー・チャックを切り取って四方反鉋で加工し始めたところです。色の濃い方がウォールナット、薄い方はチーク。少々厚ぼったい感じもするので、このまま仕上げに進んで良いかどうか、施主のコメントを得ることにします。

 

制作開始


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (26) ミニ・クリスマス・ツリー略完成

 

12月の出前木遊びで作るミニ・クリスマス・ツリーはこんな感じ。園児たちにはバラバラの状態で渡し、先ずサンディングしてもらい、ポスカで塗装、最後はツリーの芯棒となる丸棒を所定の長さに鋸で切って、組み立てれば完成となります。

 

頂上の飾りと枝の小穴に置く飾りをどうするか保育園の先生たちに考えてもらっていますが、未だ結論を得ていないようです。

 

こんな感じ


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (25) ミニ・クリスマス・ツリー制作中

 

出前木遊びの12月は、園児一人一人にミニ・クリスマス・ツリーを持ち帰ってもらおうという企画で、幅13cm、高さ22cmほどの小型ツリー、11月の大型ツリーの縮小コピー版を制作開始。

 

写真はVeritas社のsawguideを久しぶりに使い、直径10mmほどの丸棒を高さ10mmに切っったところで、続いて全75個の中心に穴をあけ、ツリーの枝と枝の間のスペーサとします。余りにも小さいのでサンディングも含めて肩が凝りました。

 

制作中


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギター・スタンド (4) 一応完成

 

ギターを乗せた時に脚が開いてしまわないよう、圧着端子で止めたステンレス・ワイヤを脚と脚の間に張って一応完成です。試作品#1としてはこれで良しとしますが、ワイヤ無しで丈夫なスタンドを作れないか、試作品#2についてしばし考えてみます。

 

一応完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電動回転砥石用シャープニング・システム (5) 仕掛けは一応完成

 

RYOBI回転砥石とONEWAYバリグラインド・アタッチメントとを組み合わせて丸鑿の刃先を木工旋盤用ガウジのようにするための仕掛け、集成材と長ネジとを組み合わせたものが完成しました。アタッチメントを受ける部分を手作りのつまみで上下させることで刃先が砥石表面に当たる角度を調整できるようにしたのですが、これで上手く研げるのだろうか、近い内に実験してみます。

 

刃先整形の手順としては、グラインダーで粗削りしてからこの回転砥石で砥ぐことになりますが、同じアタッチメントを使うので、アタッチメントから刃を突き出す長ささえ変えなければ上手く行くはずなのです。乞う、ご期待。

 

一応完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode