Page: 1/61   >>
ギター・スタンド (4) 一応完成

 

ギターを乗せた時に脚が開いてしまわないよう、圧着端子で止めたステンレス・ワイヤを脚と脚の間に張って一応完成です。試作品#1としてはこれで良しとしますが、ワイヤ無しで丈夫なスタンドを作れないか、試作品#2についてしばし考えてみます。

 

一応完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電動回転砥石用シャープニング・システム (5) 仕掛けは一応完成

 

RYOBI回転砥石とONEWAYバリグラインド・アタッチメントとを組み合わせて丸鑿の刃先を木工旋盤用ガウジのようにするための仕掛け、集成材と長ネジとを組み合わせたものが完成しました。アタッチメントを受ける部分を手作りのつまみで上下させることで刃先が砥石表面に当たる角度を調整できるようにしたのですが、これで上手く研げるのだろうか、近い内に実験してみます。

 

刃先整形の手順としては、グラインダーで粗削りしてからこの回転砥石で砥ぐことになりますが、同じアタッチメントを使うので、アタッチメントから刃を突き出す長ささえ変えなければ上手く行くはずなのです。乞う、ご期待。

 

一応完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギター・スタンド (3) 要改善

 

接着剤が乾いたので少々微調整をした上でギターを乗せてみましたが、案の定、板が薄くて脚が反ってしまいました。さてどうしたものか。脚に補強板を取り付けてみますか。畳むと小さくなるので携帯には便利なのですが、小さくなるだけに余裕がなく、設計変更は前途多難です。

 

完成したものの

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギター・スタンド (2) もう一息

 

板を作り直したりして、ようやく試作品が完成。パタパタと畳むと長さ20cmに納まるのが特徴ですが、加工精度が今一つで、すっきりしません。接着剤が乾いたらギターを乗せてみます。

 

組立て完了


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギター・スタンド (1) 制作開始

 

ギターを床に置く場合にギターが倒れないよう「ギター・スタンド」を使うことが多いようですが、アルミ・パイプのスタンドを買うのは面白くないので、端材で作ってみることにしました。ヒノキの薄板をM5のボルトと蝶ナットで組み立ててみましたが、板が薄すぎたのか、ヒノキが柔らかいからなのか、ギターを乗せても大丈夫かやや心配。

 

制作開始


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保育園プロジェクト (20) クリスマス・ツリー本体作り

 

保育園への出前木遊びの10月から12月まではクリスマス・ツリー作りで、ツリーの土台に続いて本体を作り始めました。材はコーナンで手に入れた安価な杉の足場板。枝に見立てる板と板の間のスペーサーにはコナラの丸棒。いずれも直径20mmの穴をあけ、19mmのアルミ・パイプを心棒にしようとのアイデアで、板は緑色にスペーサーは茶色に塗る予定です。どうなりますか。

 

制作開始


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (10) デュッセルドルフ市電にパンタグラフ

 

江ノ電に続いてデュッセルドルフ市電にもパンタグラフを載せてみました。想像していたよりも大きくなく、上品な仕上がりとなりました。この段階での結論としては、「小さな列車」には大き目のパンタグラフが似合うということ。続いて横浜市電にビューゲルという集電装置を付けることとしますが、パンタグラフと違い自分で組み立てるものしか手に入らなかったので、少々時間をいただきます。

 

市電にパンタ


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (9) 懲りずに横浜市電1000型

 

横浜市電500型(写真中央)制作中にも拘わらずボギー車の1000型(写真右側)を作り始めました。単車(2軸車)の500型が全長40mmに対して1000型は50mmと大型です。横浜市電も3型目となり、窓の位置、行先表示板の形など大分こなれてきました。1000型が完成したら400型(左側)の改良版を作るのも「暇つぶし」としては面白いかもしれません。

 

先日、スポーツ・ニュースで、満員の野球場で贔屓チームのユニフォームを着て応援する人々を見て「何が面白いんだろうね」と呟いたら、隣の家内曰く「あんたの木工と一緒」。御意。

 

1000型


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (8) 続いては横浜市電500型に挑戦

 

1年前に作ったダブル・ルーフの横浜市電400型(写真中央)に続いて500型を作り始めました。Wikiによれば「横浜市電を代表する大型単車。1928年(昭和3年)に東京瓦斯電気・蒲田車両・雨宮製作所で20両ずつ作られた。高馬力なため1300型と一緒に3系統で運用されることが多かった。現在523号が市電保存館で静態保存されている」と。市電、トロリーバス廃止の2年前、1970年(昭和45年)に姿を消したそうです。

 

横浜市電500型


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (7) 江ノ電にパンタグラフ

 

江ノ電の屋根に9x10mm角の穴をあけ、手に入れたパンタグラフを接着したところですが、パンタグラフがちょっと小さかった感じ。デフォルメした車体と正縮尺のパンタグラフがアンバランスで、パンタグラフ無しの方が楽しいかもしれませんし、これでは子供の玩具にはなりません。難しい。

 

完成


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (7) 箱根登山鉄道モハ1形 今度は尾灯のやり直し

 

久しぶりの列車作りなので不具合がまた見つかりました。それは尾灯。江ノ電のように車体から少々出っ張らせる予定だったところサンディングし過ぎたので、細いドリル・ビットで赤い樹脂棒を抜き、白い樹脂棒を挿したところです。続いては樹脂棒の先端を平らにして車体の塗装へと進みます。

 

尾灯のやり直し


(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (6) 箱根登山鉄道モハ1形 これがパンタグラフ

 

横浜駅西口の鉄道模型専門店 Models IMON に作りかけの車輛を持参して、数多あるパンタグラフの中から選んだのはこの2種類。ドイツ、デュッセルドルフ市電に乗っているのは少し大きめのED75用、手前のモハ1形には北海道で活躍した711系電車用の小さめのパンタグラフ。他にも0系用の更に小さなパンタグラフと横浜市電400型用のビューゲルも手に入れたので、暫くはそれらの取付けで忙しくなりそうです。

 

パンタグラフ

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな列車2018 (5) 箱根登山鉄道モハ1形 設計変更

 

Nゲージのパンタグラフなら安いし「小さな列車」に使えるかもしれないという情報を学生時代の友人から教えてもらったので、彼と別れて早速横浜駅西口の鉄道模型専門店 Models IMON へ。ありました、ありました、いろいろなパンタグラフやビューゲルが。現物を見せてもらったのですが、どのパンタグラフがモハ1形に最適なのか判断できず、近い内に列車を持って再訪することとしました。

 

という訳で、塗装を始めたモハ1形でしたが、屋根の上の放熱器を鑿で取外し、パンタグラフに合わせ放熱器を小さくすることとしたので、塗装は暫し中断です。念願のパンタグラフを乗せた列車たちは、どんな表情を見せてくれるのだろうか。

 

設計変更

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昭和24年生まれ その5 完成

 

集成材にクルミ・オイルを塗り、錆を落とした黄銅貨3種類をはめ込んで完成ですが、面白い作品ではないですな。これを家内に見てもらったところ「1949年生まれ、2018年没という意味かしら」と言われ、愛犬ケビンの墓標を連想してドキリとしました。そうならないよう気をつけます。

 

昭和24年記念プレート

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
野菜販売用値札改良

 

2016年春に始めた地域の野菜販売会は今も続いていて、8月を除く毎月第三金曜日、三ツ沢南町会館前で開催しています。野菜の名前と売値をチョークで書く値札が足りなくなり追加制作することになったので、値札をコンテナーに取り付けられるようクリップを付けてみました。9月の販売会でデビューです。

 

値札追加制作

 

(この他の記事はこちらから検索できます)

| すうさん | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile + Power Search

Search

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Archives

Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode